Easy does it!

アクセスカウンタ

zoom RSS まさか・・・

<<   作成日時 : 2010/10/17 23:03   >>

トラックバック 0 / コメント 2

午後からの予定がドタキャンになり、暇が出来たのでいつもの川へ。
手前の橋から上流を眺めると、何となくここ最近にしては釣り人が少ないような印象。
しかしFDBを河畔まで乗りつけると、やっぱりおいしそうなポイントにはしっかり釣り人の姿が・・・。
とりあえず釣り人の姿のない場所を選んでFDBを止め、タックルを組む。その間、川面に目をやると適当にライズはある様子。たぶん午前中から多くの釣り人に攻められているだろうと予想し、普段よりもちょっと長めにティペットを付けた。
数投するとフライにアタックする魚の姿が見られたが、やはり簡単には釣れてくれない。おいしそうな瀬ではあったが、最初に入ったここでは1尾のみに終わる。

しばらくすると上流の瀬を釣っていた餌釣り師が引き上げてきた。自分が釣っていた場所のすぐ近くに荷物を置いていたようで、目が会うと「どうですか?」と声を掛けられ、しばし情報交換。(あんまりイイ話はなかったけど・・。)
上流の瀬を釣ろうと思い、念のためその餌釣り師に了解を取ってから、その瀬に入る。
餌釣りでそれなりに探りを入れられているのはわかっているので、水深の浅い場所、餌釣りでは釣り辛いだろうと思われる場所を敢えて選んでフライを流すと、比較的簡単に出てくれた。
画像


瀬に乗ってグイグイと良い引きをする。ちょっとティペットが危ないんじゃないかと思うくらいの良い引き。
その後も浅瀬の中から良型が姿を現してくれた。
画像
画像
画像


水温を測ると20.5℃。手感でもちょうどいい感じ。これから徐々に水温が下がっていくと思うが、まだまだ良い釣りが出来そうだ。

画像


そこそこ釣って陽も傾いてきたところで、そろそろ上がることにしてタックルを片付けていると、前回顔を合わせて情報交換をしたフライマンの姿に気づいた。せっかくなので帰り際に挨拶くらいしておこうとタックルを片付けてから近寄って声を掛けた。そのフライマンも自分のことを覚えていてくれて、しばし雑談などしていると、上流側からフライマンが二人歩いてきた。ちょっと上流でコイを掛けていたフライマンだと気がついて「こんにちは。どうでしたか?」と釣果を尋ねると・・・・何とそのフライマン、あの有名な里見栄正さんではないか!!!

えぇ〜、何でこんな場所で・・・?聞くと取材ではなく完全プライベートの釣りだという。「フィッシングショーでSHIMANOの隣のバンブーロッド工房のブースのスタッフやってました。」というと「あ〜、『工房○○』さん?」 うれしいことに覚えてくれていましたよ。
「ところで里見さんって、お住まいどちらでしたっけ?」と聞くと「群馬県○○市ですヨ。」と気さくに答えてくれた。
自分と情報交換していたフライマンが「群馬県ならオフに遊べる川はいっぱいあるんじゃないですか?」と聞くと、「いやぁ、この川、面白いですよ。このオフは通わせてもらうつもりですからヨロシク。また会いましょう。」と笑顔で去って行きました。
やはりこの川、侮るべからずだと改めて感じました。

このブログでは河川名は敢えて伏せていますが、画像はぼちぼち載せているので、わかる人にはわかるでしょう。
通いつめれば里見さんに会えるかもしれませんよ・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
群馬から来られるとは、相当知れ渡っているんですね〜
(割とブログにも載ってますし、雑誌でも別の魚で掲載されたことがあるから仕方ないですね)
羽ぴょん
2010/10/18 13:01
羽ぴょんさん→
アクセスの良さも話してましたよ。結構楽しまれた様子でした。まぁすっかり有名になりつつありますね・・。
確かに通い詰めても魅力ありますもんね・・・。わかる気がします。
ここ最近は好釣果続いてますから、羽ぴょんさんも近いうちにぜひどうぞ。
カチーフ
2010/10/18 22:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
まさか・・・ Easy does it!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる