Easy does it!

アクセスカウンタ

zoom RSS 今がピーク?

<<   作成日時 : 2011/11/28 23:49   >>

トラックバック 0 / コメント 9

今日は休日出勤の振替えで休日。家族サービスは土日に済ませ、今日は朝から釣行準備。前回、良い釣りをしたK1川を、今回はじっくりとやってみようという魂胆。しかし朝起きてカーテンを開けると、昨日までの青空はどこへ行ったのか、寒々しい曇天。念のため天気予報を確認したが、とりあえず雨の心配はなさそうなので、計画通りにK1川へ向かった。
土手にクルマを乗り入れると、やはり平日、他にクルマはない。土手から川を見下ろすと、前回良い釣りをしたトロ瀬に釣り人の姿はない。

いそいそとタックルをセットする。今回はBlueheronの8.6ft/#0〜2/6pcsを選んだ。水辺で水温を測ると16.0度。微風でよい感じだが、やはり気温が低いせいか、前回ほどハッチは多くはない様子。しかしチラホラとコカゲロウの姿は見られる。

#20のドライパターンで立ち位置から少し上流側の瀬尻を流す。と一投目からヒット。
画像

今回はバッグのストラップにカウンターを装着してきたので、1尾目からカウントを開始する。

上流の瀬尻にはかなりの数のオイカワが群れているようで、特に瀬の波立ったところの向こう側の少し緩い部分を流すと反応が良いようだ。しかし手前の速い流れにラインが引かれてドラッグが掛かりやすいので、ティペットを長くして、さらに手前のラインを上流側にメンディングしながらトレースしていく。すると反応が非常に良い。
画像


上流側の瀬尻部分で早くも二桁の釣果。続いて正面やや下流の流芯を流す。するとゴボっという音を立てて良型がヒット。
画像

これくらいのサイズが掛かるとBlueheronはロッドの中央部付近から大きく曲がって、ロッドの先端がラインと一直線になるくらいの曲がりを見せる。ここは長めのティペットで素直に流せば、ドラッグはそれほど気にしなくても大丈夫だ。
画像

上流側の瀬よりも下流側の流芯付近のほうが確実に型が良いようだ。しかも次々とヒットする。ときおり強い引きに「スレたかな?」と疑いを持つが、寄せてみるとしっかりと口にフッキングしている。
画像


徐々に下流側へポジションを変えながら、流芯を中心にその両脇をしっかりと狙ってフライを落としていく。流芯の脇が良いかと思うと、流芯からバシャッと派手な出方をするヤツがいたりと、狙い目は一定ではない。そのためあらゆる流れの筋をすべてトレースする。あっという間に30尾を超え、40尾に迫ろうかというヒット数だ。
しかし35〜36尾くらい釣ったところでスレてきたのか、徐々に反応がシブくなってきた。フライに出てもフッキングしない魚が多くなってきた。
そこでCDCクリップル(#20)をチョイスし、半沈みのスタイルでポイントを流していく。すると吸い込むようにフライを咥える良型・・・。
画像


釣り始めたのがちょうど昼12時頃。そして午後2時半でとうとう50尾に達した。
画像

普段はドラッグフリーばかりでなく、わざとドラッグを掛けたりするケースもあるのだが、今日はドラッグフリーのほうが確実に反応が良い。12ftのテーパーリーダーに約2mほどもティペットを結んでいたので、操作性がどうかとも思ったが、意外にもそれほど悪くない。8.6ftのロッドとは言え、オイカワをヒットした後、手元に寄せるときにはテーパーリーダー部分を手繰っているほどだが、逆にキャスト後はそのリーダー部の長さだけで十分にドラッグを回避してくれる感じなので、あまりカーブだ、リーチだ、メンディングだと気を使わなくて良く、長いリーダーというのはこれほどに便利なのかと認識を新たにした感じ。たかがオイカワの釣りだが、こういうテストにはなかなか役に立つ。
その後、シブいながらもフッキングに成功し、終わってみれば56尾。午後3時半で釣りを終了した。

もう季節は冬。まさかそんな時期に「今がピーク」ということもないだろう。おそらく「短期集中型」のピークだろうが、こういうときにうまく当たれば、こういう時期でもドライで楽しめるということがわかった。オフシーズンには貴重な遊び場だ・・・。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
カチーフさん、こんばんは。またまた寄らせていただきました。
爆釣ですね〜^^。それもいい型が多い!なんともうらやましいです。前から気になっていたBlueHeronさんのロッドも、面白いスペックで興味深々です。
farwater
2011/11/29 00:10
farwaterさん、こんばんは。昨年の今頃に比べたら、信じられないくらいの最近の釣況です。いつまで続くか、試してみるつもりです。
Blueheronロッドはオイカワの引きを楽しむには最適だと思います。オススメです。
カチーフ
2011/11/29 23:13
こんばんは

すごい数のオイカワですね!
この寒い時期にこれだけの数を釣れるなんてすごいですね。

私もこれくらいは軽々釣れるように修行に励みます^^
mihiro
2011/11/30 20:34
mihiroさん、こんばんわ。当日はあまり風もなく、それほど寒くはありませんでした。とは言え、これほどまでにオイカワの活性が高かったということについては、釣ったワタシ自身も驚いてます。
先日、そちらの川でも(国道より下流で)ちょっとフライをキャストする機会があったんですが、数投したらあっという間に数尾ヒットできたので、全般的に活性が高いのかもしれませんね。
カチーフ
2011/11/30 23:16
こんにちは
この時期、ドライでけっこう出るのですね
腕が違うのは当然ですが、それを差し引いても
このくらい釣れると満足ですね。
こちらの川は先月27日の釣行ではドライでは
全く出ませんでしたね。魚はいるようだったので
活性が低いんでしょう。水温は15℃でした。
気温や水温もこちらとそちらでは違うのでしょうが
川を選べばまた違うのでしょうかね(笑)
はやさん
2011/12/02 08:40
はやさん、こんにちは。条件が良かったというのが好釣の一番の理由だと思いますが、やはり川の流れが変化に富んでいて、餌となる水生昆虫の羽化に具合が良いということではないかと思います。
はやさんのお近くの川では水温が15℃ということですので、ドライに出ない水温ではないと思います。恐らく川(というか場所)を選べばまだまだ行けそうな気もしますが…。
カチーフ
2011/12/02 12:35
このときの釣りの様子を動画で撮ってみました。画質は悪く、音声もありませんが、何となく様子はわかるかと思います。来週半ば(12/07)までの期間限定ですが、下記のURLでダウンロード出来ます。
ちょっと恥ずかしいですが、興味のある方はご覧ください。
http://firestorage.jp/download/0b36fa8be81021718c5b6d118ba55bb4ce0f6b06
カチーフ
2011/12/02 12:47
こんにちは
早速、拝見しました。
これは固定で撮っているのですかね?
よいアングルで撮れてますね
はやさん
2011/12/02 16:36
はやさん、こんばんは。
この映像は防水のカメラを、水面から顔を出していた石の上にちょっと置いただけです。あまりアングルなどは気にせず撮ったんですが、何となく良さ気に写ってました。
でももうちょっと離れて、かつ高いアングルから撮れば、ヒットポイントとの距離感などもわかって良かったかもしれませんね。また気が向いたらチャレンジしてみますね。
カチーフ
2011/12/02 23:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
今がピーク? Easy does it!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる