Easy does it!

アクセスカウンタ

zoom RSS 強風に悩まされ・・・

<<   作成日時 : 2012/01/08 23:59   >>

トラックバック 0 / コメント 8

天気予報によれば明日(9日)のほうが風も穏やかになりそうだったのだが、明日はどうしても釣りに行けそうにないので本日強行。柳瀬川へ向かう。10時半頃、城前橋近くの公園の駐車場にクルマを駐め、タックルをセットする。いつものバンブーカラーだが、今日はいつもの7.6ft/#2に加え、8ft/#2〜3も用意した。クルマを降りてみると確かに風は強いが、時折風が止まるような状況もありそうなので、いつもの7.6ft/#2で川へ向かう。
先日もかなりシブイ状況だったので、同じ場所を同じように釣るのも工夫がないと考え、今日は思い切って下流側へ移動してから入川することしし、武蔵野線鉄橋をくぐった先から川へ降りた。
画像


ところが川面では土手上よりもさらに風が強く、キャストに難儀する。意外に風は治まる間がなく、思ったポイントへフライを落とすことは困難な状況。それでも時間を掛けて少しずつポイントを探っていく。
しかし時折フライを突く魚影は3〜5センチ程度の極小サイズ。0.3号ティペットに結んだ#20のユスリカパターンを咥えられるサイズのオイカワは現れず・・・。

やがて城前橋をくぐり、台田団地前の護岸帯へ差し掛かる。ここも下流から丁寧に探っていくが、やはりフライに反応するのは極小サイズ。その後、プール状の緩流帯に差し掛かる。ここは護岸上からキャストせざるを得ない。風は相変わらず強い。しかし下流から出来るだけ丁寧に探っていきたいところ。
画像


風が強いので対岸方向へのキャストが出来ない。やむを得ず、川と平行にフォルスキャストし、出来るだけ手前岸から遠くなるよう、斜め上流側へキャストする。時折、強い風が吹き、水面がにわかに波立ったようになる。数回キャストし、フライが着水した直後にやはり強い風で水面が波立ったようになり、一瞬フライが見えなくなった。
そのとき「おおよそこの辺り」とフライの位置を予想した付近で水面が炸裂した。反射的にアワセたロッドにグッと重さが伝わり、なかなかの引きをする。
画像

画像

これくらいの良型だと引きもなかなかのもの。#2ロッドを結構なパワーで曲げてくれた。

その後、上流の堰堤まで探るが、フッキングに至る魚は現れず・・・。再び先ほどの緩流帯まで戻って再び探ってみることにした。そこに何とichibanbishiさん登場。先日、ちょっとした勘違いでご迷惑をお掛けしたので、それをお詫び。何と柳瀬川に通い始めて初めて「ボ」とのこと。その後地元のフライマンも加わり、3名でバンブーロッド談義で盛り上がる。
そのうちに目前でわずかなライズが始まった様子だったので、フライをキャストしてみる。相変わらず風が強いので、川幅の中央付近までのキャストがやっとだが、何度かキャストしているうちにフライに反応があり、一瞬ロッドがグッと曲がったが惜しくもバラシ・・・。さらに同じレーンを数回流した後、今度は確実にヒット。上あご中央にがっちりフッキングしたオイカワは12センチほどのレギュラーサイズだったが、こういったコンディションの中だったこともあり、格別にうれしい1尾だった。
しかしその後も風は治まらず、結局合計2尾で今日の釣りを終了した。とりあえず今日の状況ならばオイカワの姿を目に出来ただけでも十分といったところ。

帰り掛けにichibanboshiさんの黄色いブランクのフライロッドを振らせて頂いた。かなり極端なロッドという噂を聞いていたが、実際に振らせて頂くと驚いたことに私のBlueheron(8.6ft/#0〜2/6pcs)とかなり似たアクションだった。私のBlueheronも同様にかなり極端なロッドで「全体的に」ということならば私のBlueheronのほうがスローだが、バットパワーがしっかりある分、ichibanboshiさんのロッドのほうがむしろ振りやすそうに感じた・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
風の強い中、お疲れ様でした。

すごくいい型のオイカワですね!

ロッドの話は、Blueheronを購入しようとしている私にとって、とっても参考になり、わかりやすい文章でした^^
mihiro
2012/01/09 11:39
mihiroさん、こんにちは。
Blueheronさんは個別にオーダーに応えて頂けます。どんなロッドが希望なのか、的確に伝えて作って頂くのがいいですね。メールで伝えることが難しければ電話で直接相談することも出来るようです。
カチーフ
2012/01/09 15:37
こんにちは(^^)

あの強風の中、釣果をあげられるとは凄いです!しかしいちばんぼしさんがマルボとは(^_^;)

あの変態ロッドを振れるんですね。これも凄いです。僕のblurheronとはアクションもだいぶ違うみたいなんですね。
siroyamasakura
2012/01/09 17:30
siroyamasakuraさん、こんにちは。
昨日に比べて今日は風も穏やかな1日でしたね。今日行ければ良かったんですが…。
私のBlueheron(8.6ft/#2)もかなり特殊でして、バット径が5.3ミリ、トップ径はわずか1ミリです。最初はフォルスキャストだけで折れそうな不安(!)を感じていましたが、今ではすっかり慣れました。レギュラーサイズのオイカワでも、アワセた瞬間、ロッドティップとラインが一直線になります。
カチーフ
2012/01/09 18:12
そうなんですか!?
詳しく教えてくださってありがとうございますm(_ _)m

買える見込みができたらメールか電話してみます^^
mihiro
2012/01/10 22:45
おはようござます^^。コメントを入れそびれてしまいました^^;。いい型のオイカワですね^^。ichibanboshiさんもカチーフさんに会いたがっていたので良かったです。それにしてもあのロッドが振りやすいとは・・・(笑)。普段私が、いかに硬いロッドを使っているかということが分かりました^^;。スローなロッドを手に入れて練習しなければ・・・。
farwater
2012/01/11 08:33
mihiroさん、おはようございます。
ちょっと言葉足らずだったみたいなので補足します。
Blueheronさんへのカスタムロッドの注文は、まずはホームページからメールフォームで行うことから始まります。仕様に関する基本的な要望はそこでお伝えしますが、詳細についてメールでは説明が難しい場合は電話でのやり取りも可能なようです。詳しくはBlueheronさんのホームページの「Blue Heron Custom」の「注文方法」に記載されています。
カチーフ
2012/01/11 08:37
farwaterさん、おはようございます。
ichibanboshiさんには直接お詫び出来てホッとしました。お気遣い頂き、ありがとうございました。
ロッドの話題で盛り上がるうちに、そろそろ私もBlueheronを引張り出したくなってきました。文面では伝わらない点もありますので、次にフィールドで会ったらぜひ試し振りしてみてください。
カチーフ
2012/01/11 09:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
強風に悩まされ・・・ Easy does it!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる