Easy does it!

アクセスカウンタ

zoom RSS 韋駄天に再会

<<   作成日時 : 2012/07/01 22:50   >>

トラックバック 0 / コメント 4

今年は久々に渓流に足を運ぶようになったが、逆にオイカワ釣行の機会が減っている・・・。もう盛期を迎えているだろうに、これではマズイ!と今日は柳瀬川へ釣行。
天気予報では午後3時頃から雨とのことだったので、午前中のうちに釣行する。朝9時に自宅をFDBで出るが、何と出発からほどなく小雨がパラついてきた・・・。「クルマで出たほうが良かったかな・・・」とつぶやきながらペダルを漕ぐ。
と、しばらくしたら何と後輪付近から異音が出始めた。最初は変則調整が狂って変速機付近から出ている異音かと思ったが、ペダリングを止めて惰性で走行していても異音が止まらない。小雨も相変わらず降っているので仕方なく関越自動車道下でFDBを止めて異音の発生源を探す。変速機にも異常はないし、どこかがタイヤに擦れているような様子もない。しかし軽くペダリングすると異音は出ている・・・。5分ほどアチコチを探ってようやく発生源を突き止めた。変速ギアとスポークの間にある半透明のプラスチック製円盤状の部品 (→「スポークプロテクター」という部品だそうです。ディレイラーの何らかの故障などでの事故によって、外れたチェーンがスポークとぶつかってスポークを破損することや、チェーンの噛み込みでの急激な停止による転倒を防止するためのものだそうです。7/02追記) の一部が破損していて、タイヤの回転とともにそれが偏芯してスポークやギアに干渉していた。これを難儀しながら何とか取り外して対処完了。天気も危うい感じで時間が惜しいときに、このトラブルで30分近くをロスしてしまった。

普段なら15分ほどで着く柳瀬川(台田団地付近)に、FDBのトラブルで45分近く掛かってようやく到着。鮎狙いの釣り人はアチコチにいるが、予想よりは少ない感じ。引き続いてパラついている小雨のせいか。最初は清柳橋上流の緩い瀬に入る。ロッドはBlueheron(7.9ft/6pcs)にDT-2F。ハッチは見られないが、時折瀬の中でライズがある。とりあえずアダムスパラシュート(#20)で様子見。しかし反応なし。スタンダードミッジ(#22)に変えて、上流側の瀬を流すと、一発でヒット。しかし寄せる途中でバラシ・・・。

さらに上流へ移動する。護岸上から射程範囲の瀬を流すと、フライに向かって浮上してくる魚影がはっきりと見え、そのままヒット。自分の正面よりやや下流でヒットしたので、そのまま下流に走ってロッドを大きく曲げて楽しませてくれた。
画像


しかしその後が続かないので、その上流の流れの速い瀬にアプローチする。じっくりと瀬を観察しているうちに黒っぽいユスリカが浅瀬で大量にハッチしているのを発見。フライを#20のブラック・ミッジパラシュートに変えて、瀬を手前から順番に流すとヘッド&テールでヒット。
画像

やや体色は薄いものの綺麗なオス。なかなかの引きでスローなロッドを存分に曲げてくれた。
リリースすると呆然としたように水中に佇んでいた。
画像


さらに続けると今度はバシャっと飛まつを上げてヒット。これはグイグイと頭を振るような感じでパワフルな引きを見せてくれた。寄せてみると良型のオス。ただしこれも色付きはまだ薄い感じ・・・。
画像


その後もそこそこに反応良くヒットが続く。が、今日は昼には帰宅しなけばならないので、あと1尾釣って終了にしようと瀬の流芯をトレースすると、水底から浮上してフライを咥えた1尾。
画像


11時半まで釣って計14尾。出だしはトラブルに見舞われたが、瀬を中心に攻めてからはワリと思ったとおりに釣れた印象。短時間だったが、満足な釣りが出来たと思う。
画像


気がつくと小雨もやんでいた。応急修理の完了したFDBのペダルも軽く、気持ちよく帰路についた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
カチーフさん、何と奇遇!

実は私も、mihiroさんを道連れに、夕方にY川に釣行しました。雨に打たれながら釣りをするのも悪くない・・・と超自分に都合良く解釈して・・・単に釣りに行きたかっただけなんですが・・・ ^^;;

結果、mihiroさんにとっては、記念すべき釣行の1日になったようです。私は腕の差をまざまざと見せつけられる結果で終わりましたが、それでも楽しい釣りができました!
Green Cherokee
2012/07/01 23:24
Green Cherokeeさん、こんにちは。
夕方頃だと本降りの雨だったのでは?私が釣っていた頃は小雨がパラつく程度で、河畔を歩いている方々も傘までは要らない程度でしたのでドライの釣りに支障はなかったですが、夕方の本降りだとドライも浮かなくなっちゃうかな?そこはやっぱりGreen Cherokeeさんが得意にしておられるウェットの威力ですね。Green Cherokeeもmihiroさんもさすがです。
それにしてもあの雨の中で釣っていたとは、いやはや恐れ入りました・・・。
カチーフ
2012/07/02 12:34
こんにちは
私も久しぶりにヤマベの引きを
楽しみました。お粗末な釣果に
なってしまいましたが、何故か
晴れ晴れとした気分でした(笑)
なんでだろう
はやさん
2012/07/03 11:54
はやさん、こんばんは。
私も柳瀬川がすっかりホームグラウンドになっちゃってますから、ここで釣れると何だかホッとします。
もう少し上流へ行くと、さらに雰囲気の良いポイントがあるんですが、今回釣った付近が、これまた私のお気に入り場所なので、ここで釣れると上流のポイントに行く機会がなかなか出来ません。
お気に入りの川の、まさにお気に入りポイントです。こういう場所で釣れるとホッとするとともに、何とも言えない満足感があります。
カチーフ
2012/07/03 21:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
韋駄天に再会 Easy does it!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる