Easy does it!

アクセスカウンタ

zoom RSS ようやく1尾・・・

<<   作成日時 : 2013/02/17 23:55   >>

トラックバック 0 / コメント 6

前回見事に「ボ」をくらった柳瀬川。実はロッドにもプチトラブルが発生(→私の取り扱い方に起因)するという、まさに「泣きっ面に蜂」状態の釣行だった。ロッドはすぐにBlueheronさんに修理をお願いしたら、何と「中2日」という迅速な対応をして頂き、無事修理完了。その実釣確認もかねて、またしても柳瀬川へ釣行した。
金山橋付近へ到着したのは午後2時過ぎ。午前中、やや強く吹いていた風も治まり、寒さもそれほど感じない。公園内を抜けて土手の上から流れを見下ろすと、遠目にわずかなライズを発見。
画像

少し下流側からライズに向かって近づく。ユスリカとカゲロウのハッチがかなり多い。が、改めて確認すると、何とも小さな魚のモジリ。念のためフライをキャストしてみたが、一度突きに来ただけで、案の定、フッキングせず・・・。水温を計ると12℃。そこそこの水温だし、ハッチも大量にあるので、期待は大きい。その上の瀬尻に期待を込める。
画像

ところが、こちらはウンともスンともなし・・・。「参ったなぁ・・・」と頭を掻いていると背後から声をかけてくださったのはJICKYさん。ここのところ、あまりにシブイので、今日はロッドを持たずにお散歩とのこと。最近の状況など教えて頂くが、やはりシブくてイマイチとのこと。その他、まもなく迎える渓流解禁の話など、いろいろと情報交換させて頂いた。その後も「ここで出てくれないと・・・」という流れの筋をドライパターンやピューパで流していくが、全く反応皆無。その後、JICKYさんと別れ、下流方向に移動してみることにした。

金山橋を越えて、下流側に回りこむ。川沿いに歩きながら川面を観察するが、ライズは全く見えず・・・。ただ歩いてばかりでも仕方ないので、時折「らしい流れ」にフライをキャストしてみる。
画像

しかしどこもかしこも反応なし。せめてフライを突きに来てくれれば気分も違うのだが・・・。

やがて午後4時を過ぎ、陽も傾いてきた。前回に引き続き、またしても「ボ」か・・・。また次回に期待ということで気持ちを切り替え、とりあえず金山橋近くの駐車場に向かう。途中、金山橋の直上の瀬が何となく気になって、そこだけちょっとキャストしてみることにした。
画像

フライは#22のユスリカ・パラシュート。とりあえず流芯の脇の緩い流れにフライを落とす。数投目にわずかにフライを突くような反応があった。が、どうも今日の釣り始めと同じく小型のよう。それでも反応があると何となく気分も違う。さらに数投するとまたフライが突かれ、そのまま流し続けるとスッとフライが消えたので、そっとロッドを立てると・・・
画像

うれしいヒット。今日も前回に引き続き「ボ」だと諦めていたので、これはうれしい釣果。交通事故的に釣れた感が強いが、それはこの際良しとして・・・(笑)。10センチに満たない小型だが、ヒット後に寄せて来る際、思わず「バレるなよ!」と口にしてしまった・・・。

釣れたオイカワの画像を撮ってリリースした後、その周辺にさらにフライをキャストしていると、対岸から声を掛けて下さったのは、またしてもJICKYさん。思わず最初に「釣れましたよ」と報告させて頂く。
その後、近くでわずかな反応があったので、ちょっとマジモードで狙ったが、やはり最初はフライを突くだけでフッキングせず。そのうち、やや良型と思われる反応があったので、フライを変えて数投すると、魚体を見せてフライにアタックするオイカワの姿!しかし、こんなときに限ってアワセミス・・・。その後、反応もなくなり釣り終了。JICKYさんの目前で釣り上げたかったけれど、なかなかうまくは行かないもの。やはりこの時期は難しいと、改めて思い知らされた、今日の柳瀬川釣行。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。

やっぱり激シブ、痺れまくりの釣りが続いているようですね。

O川へいけばきっと釣れるのに、わざわざ柳瀬川へ行ってしまうのは自虐的な楽しみです。
といいつつ前回はO川へ行ってしまいましたが(笑)。
windknot
2013/02/18 00:34
windknotさん、こんばんは。
まさに自虐的な世界に完全にハマっています(笑)。
もうこれだけやれば、シブいのは行く前からわかっているのに、それでもついつい向かってしまうのは、自分で言うのも何ですが「かなりビョーキ」なのかもしれません。
でもあと少ししたら渓流解禁に加えて「マルタ」の時期なので、そしたらビョーキも多少快方に向かうかもしれません・・・(笑)。
カチーフ
2013/02/18 22:32
昨日はありがとうございました。
私は最初からあきらめて竿も持たずでしたが、あんなにシブイ状況でも釣果を上げてしまう、カチーフさんの執念に感心させられました。
私もまた撃沈覚悟で出撃しようと思います。(笑)
JICKY
2013/02/18 23:21
JICKYさん、こんにちは。
先日はありがとうございました。
あの1尾は自分にとっても(前回「ボ」だっただけに)
貴重な1尾でしたが、出会い頭みたいな釣れ方でしたので…(笑)。
次回釣行、ぜひご一緒させて下さいね。
カチーフ
2013/02/19 10:12
カチーフさん、こんばんは。
私だと、きっと『ボ』の連続になりそうです・・・
こんな渋い状況の中で楽しみを見つけてしまうカチーフさんはやっぱり凄い!!
Green Cherokee
2013/02/19 23:44
Green Cherokeeさん、こんにちは。
いやいや、誰でもチャンスはありますよ。何と言っても釣れるときはマグレみたいな感じですから(笑)。
それよりも「ボ」を恐れずに「雰囲気を楽しむ」みたいなゆる〜い感じでやるのがいいんじゃないでしょうか(笑)。
カチーフ
2013/02/20 12:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
ようやく1尾・・・ Easy does it!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる