Easy does it!

アクセスカウンタ

zoom RSS ヤマメに会いに・・・その4

<<   作成日時 : 2013/05/18 23:10   >>

トラックバック 0 / コメント 6

6時前に高速道路に乗り、いつもの渓を目指す。途中、珍しく自然渋滞などあったが、それでも1時間少々で到着。新調したウェーダーを履き、バンブーロッドに#3ラインをセットして水辺に降り立った。水温を測ると12.5℃。風はほとんど気にならない程度。ただハッチはあまりないようだ。
画像

5月も半ばを迎える頃には水辺の草もぐんぐん背を伸ばすようになる。時折、キャストの邪魔をしてくれるが、それもこうした渓にはつきもの。立ち位置やキャストの角度を工夫しながら釣り上る。

すると入渓してすぐの場所でライズを発見。姿勢を低くして近づき、バックハンドのサイドキャストでエルクヘアカディス(#16)を流すと、一発でヒット。
画像

見た感じでは「いかにも放流モノ」といったところだが、とりあえず1尾ヒットしたところで安堵する。

今釣れた瀬の下流側をそっと対岸に渡ってその上のポイントを狙う。大きな石か並んで出来た、適度な深みのあるポイント。数投すると、ゆっくりと浮上した魚体がフライを咥える。食ったところを目視で確認してからそっとロッドを立てる。なかなかの良型。しかしあっと言う間に足元に寄ってきたので、安心して左手を差し出した次の瞬間、フックオフ・・・。身を翻して下流の瀬の白泡の下に消えていった。ネットで掬っていれば・・・とちょっと後悔。

さすがにGWなどでかなり苛められたのだろうか、前回のようにはヤマメは出てこない。フライの直前で見切ってUターンする姿もあったり・・・。とりあえずあまり同じ場所では粘らず、反応する魚を拾っていくスタイルで釣り上る。
と、そのうちに「いかにも」といったポイントが現れた。フライを新品に交換してフロータントをしっかりと施す。狙った石の際ギリギリに落ちたフライが白泡の流れに乗って30cmほど流下したとき、フッとフライが沈むような感じでヒット。
画像

まずまずのサイズ。引きもよく、楽しませてくれた。

このヤマメをデジカメで撮影し、リリースしようと下流方向へ視線を向けたとき、少し下流に餌釣りの方の姿が見えた。早朝から釣っているが、餌釣りではほとんどアタリがないという。「こんなのが釣れましたよ」と、まさに今リリースしようとしていたヤマメを見せると、クルマに戻ってテンカラに切り替えると言って、下流に消えていかれた。

その後はウグイの姿が目立つようになってきた。恐らく日が高くなってヤマメの活性が落ちて、それと入れ替わるようになってきたようだ。緩い流れにフライを落とすと、反応するのはほとんどがウグイ。サイズが良型のヤマメと同じくらいなので、フッキングすると意外にも良い引きをする。一瞬「!」という感じになるのだが、そのたびにがっかりさせられる。そこで早い流れの瀬を数投ずつ叩きながら、ペースを上げてどんどん釣り上がることにした。
とそのうちにヤマメが混じって釣れてくる。
画像


それにしても暑い。この暑さでは昼間はなかなか釣りにならない。かと言って夕方まで待つのもちょっと・・・。などとあれこれ考えながら瀬を叩いているうちに良型がヒット。
画像

これは美形。尾びれもしっかりと張っていて、上下の朱がしっかりと入っている。引きもなかなかで、思わず見とれてしまうような魚体だった。こうしたヤマメが釣れてくれると、とてもうれしいもの。こういうヤマメが増えて欲しいものだと素直に思う。

ここでちょうど脱渓地点にたどり着いたので、ここでクルマに戻ることとした。釣果は6尾。今回は数のことよりも美形が釣れたので、それが収穫か…。


帰路、そのまま帰宅するには中途半端な時間だったので、柳瀬川に寄り道してみることにした。GWに目星をつけておいたNEWポイント。Blueheron8.6ftで瀬の流芯にドライを流す。数投目にフライを突くような反応があったので、フライ先行となるように工夫しつつキャストすると…
画像

なかなかのパワーでロッドを絞り込んでくれた良型。その後、フライに反応が多いワリにフッキングしないという、ちょっとイライラする状況になったが、それでも粘ってキャストを繰り返しているうちに再び良型が連続でヒット。
画像
画像
画像

流れが太いポイントなので、ヒット後のやり取りは流れのトルクも加わって、やり取りはかなりスリリングな感じになる。しかし(試さなかったが)ウエットで釣るほうが適しているようなポイントにも思える。今後時間を掛けて確認していきたい。結局、1時間ほど柳瀬川での釣りを楽しんだ後、帰路につくことにした。

1日でヤマメの釣りとオイカワの釣りを楽しんだのは初めて。こうした1日も悪くない。機会があればまたぜひ楽しんでみたいと思う。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
1日でヤマメとオイカワとは、また素敵な釣りを楽しんでますねー。
ネットからはみ出すオイカワの迫力!
良型ヤマメも形無しの存在感ですね。
windknot
2013/05/19 21:22
windknotさん、こんにちは。
「1日でヤマメとオイカワ」→初めてでしたが、ワリと良い感じの釣りネタになりますね。
実は暑さで参ってしまいまして、早めに渓流を後にしたというのが真相なんです…(汗)。
この渓はあまり標高がないので夏場は高水温になります。もしかするとそろそろ「ウグイ祭り」の始まりかも…?
カチーフ
2013/05/20 12:27
カチーフさん、こんにちは。
一日で二度美味しい釣行、そして実行力が素敵です!
ちなみに、ウグイ祭り、というのも、それはそれでちょっと興味あります・・・私の場合。 ^^;;
Green Cherokee
2013/05/21 18:19
Green Cherokeeさん、こんばんは。
さすがに暑さには勝てず・・・オイカワポイントは自宅到着寸前の場所なので、わざわざ足を運ぶという感じでもないんですよ。たまたま便の良いポイントが美味しかったという偶然でして…。
「ウグイ祭り」はこれからが好シーズン(?)ですが、ほどほどにしておかないと「後の祭り」になっちゃうかも…ですよ。
カチーフ
2013/05/21 22:32
いい釣りをされたようで、羨ましいです。
この所、ちょっと忙しくて釣りに行けなかったのですが、
週末はなんとかイワナに会いに行こうと思ってます。
JICKY
2013/05/23 21:44
JICKYさん、こんにちは。
実は調子に乗って今日もヤマメに会いに行って来たんですが、さすがに標高のない渓では水温も高くなってきて厳しくなってきた感じです。
イワナが狙えるような渓ならば、これからベストシーズンでしょうね。好釣果、期待しています。
カチーフ
2013/05/24 18:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
ヤマメに会いに・・・その4 Easy does it!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる