Easy does it!

アクセスカウンタ

zoom RSS 山女魚探釣

<<   作成日時 : 2014/03/16 23:21   >>

トラックバック 0 / コメント 8

3月15日の釣行記。早朝、farwaterさんと合流し、乗り合わせて目指す渓へとクルマを走らせる。出発時にクルマの外気温計を見ると5℃。そして現地へ近づくにつれ4℃、3℃と徐々に外気温が下がっていく。目的地が近づくと路肩には消え残った雪。2月半ばの大雪の名残。1ヶ月が過ぎたというのに日陰にはまだかなりの量が残っている。目的地でダブルさんと合流。このとき外気温は1℃。川を覗き込むとかなり増水しているが濁りはなく澄んでいる。自分が考えていた入渓点は増水の影響がありそうなので、少し上流へ移動。入漁券を購入して、今期初の入渓となった。

川へ降り立つと予想以上の水??。覗き込んだときは「普段の2倍くらいあるかな?」と見たけれど、入漁券を買った店の主人は「2倍どころじゃない。3〜4倍あるよ。」と言われたとおりで、浅く見える流れも渡渉にはかなり気を使う。そして岸辺の残雪。こんな雪のある風景の中でロッドを振るのは初めてだ。
画像


farwaterさん、ダブルさんとともに釣りを開始。水温を測ると5℃。(非接触温度計による計測。farwaterさんの直接計測ではもう少し高く出ていた。)ハッチはなし。ライズも皆無。とりあえず緩い流れを中心に探りを入れていく。日当たりの良い場所は大いに期待しつつキャストを繰り返したけれど、悲しいかな、反応はまるでない。
画像

「ここなら普通はいるよな・・。」「この辺りで出てくれないかな?」「いないはずはないけどなぁ・・・」と何度も同じ言葉が口をついて出てくる。無反応だが「次こそ」と信じつつキャストを繰り返す・・・。
画像


farwaterさんが「あっ!」と大きな声を上げる。ようやくドライフライに反応があったらしい。フッキングこそしなかったものの、反応があったことでまた気持ちを入れ替えて先に進む。
画像


この辺りでチラホラとユスリカや小型のメイフライが飛ぶ様子が見られるようになった。再び「次こそ!」と信じてキャストを繰り返す。と、日陰の小さなスポットで私のキャストしたメイフライ・パラシュートに小さな反応。オイカワサイズ(笑)だと思うが、それでも反応があったことがうれしい。しかしその後、再び長い沈黙が続く。
「そろそろ昼食を取りに、いったん上がりましょう」と声を掛ける。「ここまで」と決めた石の下流に出来た弛みにフライを投じた次の瞬間、良型のヤマメが反応。はっきりと体側のパーマークが見えたが、惜しくもフッキングせず。たぶん20cm強。ここで脱渓していったん昼食休憩。

午後、少し上流部に入ることにする。私は#4ロッドからやや短めの#3ロッドに持ち替えて入渓する。先行するfarwaterさん。それを追いかけるようにダブルさん。私は入渓点からやや下流に見えた緩い瀬に#14のメイフライ・パラシュートを投じる。3回目くらいにキャストしたフライに、手前の石裏からすばやく浮上した魚影が??えた。自然と立てたロッドにうれしい生命感。
画像

今期初のヤマメ。14cmほどの小型だったが、ここまで苦戦してきたのでとてもうれしい1尾。少し青みを帯びたパーマークが1ヶ所乱れたようになっていたのがとても印象的。 普段はあまりやらないのだが、このときばかりはストマックポンプで胃の内容物を調べてみた。するとフックサイズにしたら#26〜30くらいと思われるような極小さなニンフが現れた。水面上のものは全く捕食されていなかった。よくも#14のパラシュートに出てくれたものだ。

その後、farwaterさんとダブルさんに積極的に先行して頂きながら釣り上った。何となく良さ気に見える流れを攻めるダブルさんの雄姿。
画像

この直後、見事にドライでフッキングしたが、寄せる途中で惜しくもバラシ。たぶん私が釣ったヤマメと同サイズくらい。キャストもアワセも完璧に見えたが、恐らく食いが浅かったのだろう。

この後もうしばらく釣り上がったが、結局ノーバイトで納竿。3人でしつこくやって釣果は1尾のみ。ちょっと残念な釣果だったが、予想を超える低水温に増水だったので、この結果もやむなしといったところ。farwaterさん、ダブルさんとも「また来ましょう」とリベンジを誓ってこの日の釣りを終えた・・・。
今シーズンは入渓自体がまだ困難といった渓も多いと聞く。今回訪れた渓は昨年は3月にはいい釣りが出来ていたが、今回は厳しい結果となった。けれどこの冬の状況を思い返せばロッドが振れただけでも良しとしなければいけないかな・・・。

<お知らせ>
国際フィッシングショー2014の開幕がが、いよいよ今週金曜日に迫りました。既にお知らせの通り、私も「工房渡辺」のブース(フライパビリオン・PF-05)をサポートします。
工房渡辺のブースではオリジナルの扁平六角ブランクのバンブーロッドに、今期は全く竹の表面を削らない「フルアンサンドシリーズ」を新展開します。竹そのものが持つしなやかさがより感じられる素晴らしいロッドに仕上がっています。多くの方にぜひブースで手にとって頂きたいと思います。
私はお約束の通り「TNK缶バッジ」をつけてブースにおりますので、どうぞお気軽にお声掛け下さい。よろしくお願い致します。

〈お知らせ2〉
いよいよ明日、国際フィッシングショー2014が開幕です。多くの方から「行くよ」とお声掛けを頂いています。工房渡辺のブースが盛り上がるよう頑張ります。フィッシングショーへ行かれる方はぜひ工房渡辺のブース(フライパビリオン内PFー05)にどうぞお立ち寄り下さい。(3/20追記)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
カチーフさん
こんばんは。
釣行お疲れさまです。
そろそとと思いましたがまだ山間はまだ厳しいようですね。
でも釣行はやっぱり良いなぁと羨ましく拝見しました。
キラキラのヤマメがとても綺麗です。
フィッシングショーも行く予定ですので事前に連絡いたします。
ジョニー
2014/03/16 23:31
ジョニーさん、こんばんは。
厳しかったですねぇ、実に・・・(笑)。多少は雪も残っているだろうと予想はしていたものの、予想を超える残雪の多さでした。でも渓流初釣行はやはり格別でした。あのヤマメのヒットは本当にうれしかったです。
フィッシングショー、ブースでお待ちしています。様々なロッドに触れてみてください。よろしくお願いします。
カチーフ
2014/03/16 23:43
こんばんは。
雪の少ない山女魚の里川、いいですね!^^
厳しいコンディションの中、型を見るところはさすがですね!
僕は今週の釣行予定が仕事でボツってしまいました(涙)
昨日はスキー場に行く途中の流れが気になって気になって…本格的な毛鉤の季節がもうすぐですね。
しげ
2014/03/17 19:14
しげさん、こんばんは。
雪が残る中で解禁釣行したのは初めてでした。あれくらい雪があれば、私にはもう十分です(笑)。
ヤマメはホントにラッキー以外の何物でもありません。幸先良いには間違いないですけどね。
次回の釣行はきっと春を満喫出来ると思います。今から楽しみです。
カチーフ
2014/03/17 22:26
こんばんは。

里川でも増水で水温も低いとなるときびしいですね。
ライズをねらえるような釣りはもう少し時間がかかるのかもしれませんね。

フィッシングショーは残念ながら仕事でいけませんが、盛況をお祈りしています。
windknot
2014/03/17 22:49
windknotさん、こんにちは。
ライズは全くなかったです。あのような低水温時に朝から入渓したのでなおさらでしたね。
今日は春一番が吹きました。もう朝の寒さも緩んでくるはずですから、ライズ狙いが出来るのも間もなくでしょう。
カチーフ
2014/03/18 12:24
カチーフさん、こんばんは。
初ヤマメ、おめでとうございます!! ポイントが手に取るようにわかり、何だかご一緒させて頂いたような気持ちになりました。
さて、Fishing showですね!! 日曜にお邪魔します。よろしくお願いします!!
Green Cherokee
2014/03/20 22:52
Greencherokeeさん、こんばんは。
そう、もうお馴染みの渓です。でも雪があると雰囲気は別世界ですよ。早く溶けて欲しいです。今度はぜひとも一緒に行きましょう。
フィッシングショー、ブースでお待ちしています。よろしくお願いします。
カチーフ
2014/03/20 22:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
山女魚探釣 Easy does it!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる