Easy does it!

アクセスカウンタ

zoom RSS 山女魚探釣 その5

<<   作成日時 : 2014/05/24 17:25   >>

トラックバック 0 / コメント 18

5月23日の釣行記。 どうにも6月はバタバタしそうな感じ。週末も予定がびっしり入っていてロクに釣行できそうもなく・・・。休日出勤もあるので、先に代休を取ってヤマメに会いに行くことに。今週は半ばにまとまった雨もあったのでちょっと期待しつつ、いつもの渓に向かう。
画像

今日の相棒はこのロッド。工房渡辺の7.6ft。#2〜5のロッドにDT4Fを乗せてみる。普段なら6.6〜7ftのロッドにDT3Fというのが決まりパターンだが、今日はちょっと強めのタックルで行くことに。これにテーパーリーダーはTEIMCOのLDL13ftというのを使ってみる。いつものリーダーシステムよりも少し全長が長くなる。いつもの渓はそれほど大きな川ではないので、ややオーバースペックであるが、それは承知の上。

午前7時半に入渓。水温は13度。ほぼ無風。朝のうちは曇天。ちょっといつもとは違う入渓点を使う。するといきなり堰堤下のプールが顔を出す。昨年、ここでは盛んにライズが見られたが、今年はライズが見られない。この日もライズはなかったが、ちょっと長くラインを出せるポイントなので、試投も兼ねて何度かキャストを繰り返す。しかし残念ながらここではフライに反応なし。

その先しばらく進んだところで良い感じに石の入ったポイントに出る。ライズがないか、しばらく観察する。
画像

少し離れた位置から長めにキャストして護岸沿いにフライを流す。と、フライの着水点から2mくらい流れ下ったところで派手なスプラッシュ。ロッドがいつもより強いので、やや抑え気味にソフトにアワセをくれてやると、予想以上の良い引き。ちょっと強めのロッドがいい感じに曲がる。
画像
画像

精悍な顔つきのヤマメ。体高もなかなかの好コンディション。かなりの引きを見せてくれたのも納得。手のひらの上で何度も向きを変えながら、その姿をじっくりと眺めてリリース。

普段ならこの1尾ですっかり満足してしまうところだが、この日はラッキーなことにそのすぐ直後、先ほど釣れたポイントから5mくらいしか離れていないポイントで、再び良型に出会うことが出来た。
画像

このヤマメは狙った通りの石についていて「そこで出ろ!」と念じたズバリのポイントでヒットした。これも先ほどほどではないものの、この渓ではなかなか良いサイズ。そして何といっても美形で大満足。

さらにその先はいつもなら通称「ウグイ祭り」の会場(笑)。この日も小さなウグイが群れをなして泳いでいるのが良く見えた。出てもウグイだろうけれど念のためにとフライをキャスト。ちょっと足元に視線を落とした瞬間に派手なスプラッシュ音が上がり、反射的にロッドを立てたらうまくフッキングした様子。どうしたことか、これもなかなかの良型。
画像


この日はどうしたことか、良型が連発。「しめしめ・・・」と油断したわけではないけれど、その直後に同サイズを2尾バラシ(というか、掛け損ね・・・)。手元に一瞬ズシッという感触を残して流れに消えていった。ここまで良型が5連発。やはり先日の雨がスイッチを入れてくれたのだろう。ライズはあまり見られないが、いつもになく良型が反応してくれる。この先も期待できるかな・・・。

いったん道路に上がって回り込んでその先のポイントを目指す。途中、道路から渓を見下ろすと・・・なんと良い感じでライズリングが見える。さらに手前の日なたには先ほど釣ったサイズを充分に超える大型のヤマメが悠然と泳いでいる。これは狙わない手はない。
画像

ここは前回の釣行でミッジでヤマメをバラしているポイント。慎重に射程距離まで近づく。フライは#18のCDCダン。ロッドを倒してラインのループを横にしてリーダーを弧にしたまま落として流す。と、フライにスーっと近づいてきたのは期待外れのチビヤマメ。「君ではなくて・・・」と思っていると、何と理想的な感じで抵抗なくフライを吸い込んでヒット。
画像

ライズも止まっちゃったし「あらら・・・」と思いつつ低い姿勢から立ち上がろうとしたその瞬間、先ほど道路から見下ろした際に見えた大型ヤマメの姿を発見。悠然とクルージングしているその姿は、一見したところでは尺に近いとも思えるほどの良型。ときおり水面上の何かをつまむように吸い込んでいるのが見える。いったん退却して水辺から離れてじっくり観察する。やはり前回同様ミッジピューパが最適と思われたので、フライボックスからそれを選んでティペットに結ぶ。
画像

サイズは#18。大きく円を書くようにクルージングしているので、そのリズムを測ってコースの前方にキャストする。
しかし良型はフライの直下を完全無視。そのまま何もなかったかのようにまだクルージングを続けている。再びキャスト。今度もしっかりレーンに乗っている。「食え!」と願ったが、またしてもその直下をヤマメは通過。と、その時思わぬ誤算。何とヤマメが通過した後のミッジピューパを別の魚が吸い込んでフッキングしてしまった。バチャバチャと水面で激しく暴れるその魚は・・・。
画像
何と「ウー様」!!!
君のヒットで台無しだぞ〜と、ちょっと恨みつつも、しっかりネットでランディング。その後にはライズもなく静まり返った水面。当然ながら良型ヤマメの姿はなく・・・。よく見ればウグイもいっぱいいるわけで、狙った魚じゃなくウグイが釣れても当然ではあるわけで・・・ウグイを憎んでも仕方ないですね(苦笑)。
《業務連絡・・・・・・そろそろ「祭り」の季節です。もうすっかり準備万端です・・・・・・。》

結局その後は時間の経過とともに良型の反応もなく・・・。
画像

と思っていたら、何とこの石の前でまたしても良型がヒット。しっかりフッキングしたと思ったが、何とまたしても痛恨のバラシ。この日、良型を逃したのはこれで3尾目。う〜む、どうしたことか・・・(泣)。前回も良いところでバラシというシーンが何度かあったが、もしかしてスランプかも・・・。ことごとく良型を逃すとは、ツイていないだけとは思えない・・・。
画像

結局、脱渓直前にこのヤマメを釣って、この日の釣りを終了とした。
入渓当初はワリに良型ヤマメが連続でヒットしたが、時間の経過とともに良型は姿を消し、小型ヤマメにシフトしていった感じ。というか良型はことごとくバラシ・・・。やはりそう簡単には行かないことを思い知らされたようなこの日の釣り。

7.6ftのバンブーロッドは「軽快」というわけではないけれど、「バンブーロッドらしさ」をより感じさせてくれるように思えた。ラインも#4ということでバックキャストからフォワードへ移る際の「ロッドへの負荷」をより感じられるので、結果、グラファイトロッドに比べてティップの返りが遅いという、バンブーロッド特有の感覚が非常につかみやすいように思えた。普段以上にゆったりとロッドを振るように心がけて釣りをしたが、そういう釣りにはやはり#4や#5というラインがマッチするのだろう。
テーパーリーダー(LDL13ft)は全く問題なし。短いロッドだとまた結果は違ってくるだろうが、この日の釣りでは全く問題もなく、いつもと同様に使うことが出来た。
次にどこでこのロッドを振ることが出来るか、今のところ予定が立たないが、ワリに狭い「いつもの渓」でもなんら問題なくキャストは出来たし、途中何ヶ所かあった「長めにラインが出せるポイント」はトルクフルなラインでいつも以上に離れた場所から狙うことも出来た。そういう意味ではフィールドの大小に関係なく使えるロッドのようだ。それがわかっただけでもこの日は大収穫。今後も様々なフィールドで使い込んでみたいと思う。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
カチーフさん、こんにちは。
毎度ながらお見事です!! 写真のポイントをイメージしながら楽しく拝読させて頂きました。
さてさて・・・業務連絡ありがとうございます。夏祭りの準備が既に整ってしまいましたか・・・ (^^ゞ とはいえ、私はウー様も大好きです。
せっかく年券買ったのにまだ1回しか行けていないので、来月こそ何回か行かなきゃ!!と思っています。
Green Cherokee
2014/05/24 18:05
GreenCherokeeさん、こんばんは。
もう画像1枚でポイントはおわかりですよね。
6月はぜひぜひ通って下さい。好釣果の知らせをお待ちしています。
業務連絡、しっかり受け取って頂き、ありがとうございます(笑)。
そう、GreenCherokeeさん宛の連絡でした(爆)。
夏祭りの準備はバッチリです。記事には書いていませんが、この日もウー様は「ツ抜け」でした(-_-;)。
カチーフ
2014/05/24 20:00
カチーフさん、再び、こんばんは。
なんと!! ウー様、ツ抜けでしたか・・・ (^^ゞ ヤマメかと思わせるような良い出方をしたのでしょう、きっと!!
私の今年の目標は鱒類のツ抜けなのですが、ウー様でもツ抜けできたら正直嬉しいです。もしもたくさん釣れたら、晩酌のツマミにしちゃおうかな・・・ (^^ゞ
Green Cherokee
2014/05/24 20:14
こんばんは。
良型ヤマメの連発、さすがですね!
私はもう10年以上ヤマメの良型には出会ってません。
今年は雪でしばらくイワナ域に行けそうに無いので、ヤマメ相手に修行してみようかと思います。
JICKY
2014/05/24 21:50
GreenCherokeeさん、こんばんは。
そーなんです、活性高いです、ウー様・・・。
「MAXウー様」は20cm超でしたが、意外に良い引きだったりします(笑)。最初からコレ狙いならロッドは「変○ロッド」のほうが面白そうです(爆)。
カチーフ
2014/05/24 23:00
JICKYさん、こんばんは。
良型と言っても「あの川では・・」ということですので、割り引いてくださいね(笑)。
私は逆にヤマメばっかりですので、たまにはイワナに会ってみたいです。だいたい年間通すと「ヤマメ」と「オイカワ」しか釣ってないと言っても過言ではないですから(爆)。
まぁ、それが私の生きる道(?)なのでしょうから、出来るだけいっぱい釣って「宝くじ的にイワナが混じる」のを期待致します・・・(笑)。
カチーフ
2014/05/24 23:07
こんばんは。
なんともうっとりするようなプロポーションとヒレピンのヤマメですね。
あの川ならではの良型で、釣った楽しさもばらした悔しさもよくわかります。
おまけにウー様ツ抜けはさすがとしかいいようがありません。
私もまたウ祭りに参加してみたくなりました(笑)
windknot
2014/05/24 23:58
おはようございます。
いつものことながら、さすがカチーフさん(^o^)/
いいヤマメですね〜!
farwater
2014/05/25 08:32
おはようございます。
工房渡辺さんのバンブー、振らせて頂いた感触はハッキリと覚えています^^
しなやかなアクションが、長いシステムもマッチしますよね!
僕も最近、リーダーシステムを少し変えました。
長くしたけどコントローラブルにしてみました。
山女魚もキレイな魚ばかり…里の景色もいいですね^^
しげ
2014/05/25 09:17
farwaterさん、こんにちは。
前回もそうでしたが、陽が高くなるに連れて顕著に釣れなくなりますね。あの渓も今後はやはり早起きしないとよい釣り出来ないんでしょうか?苦手なんですよね、早起き…。
カチーフ
2014/05/25 09:41
windknotさん、こんにちは。
あの渓ではこれくらいが釣れれば大満足です。ヒレピンだったらさらに万歳ですね。
ウー様は元気ハツラツです。よろしければ一緒に祭りに参加しましょう(笑)。
カチーフ
2014/05/25 12:14
しげさん、こんにちは。
7.6ftと7ft、並べると大して違いはないのですが、振ってみると大違いですね。でもバンブーロッドらしさを感じられるのは長いほうですね。
ちょっと遠目から長くラインを出して釣るのは気持ちいいです。
LDL13ftは扱いに苦労することはなかったですが、普段のシステムと比べて絶対的なアドバンテージもあまり感じられなかったです。次回は元通りかも…。
カチーフ
2014/05/25 12:23
こんばんは。

大型ヤマメのクルージングをサイトで狙う!読んでいるだけでワクワクしますね(^-^)

どのヤマメも本当に美形です。
美しいヤマメが泳ぐ里川、いつまでも残って欲しいですね。
co-drop
2014/05/25 20:46
coーdropさん、こんばんは。
大型ヤマメ、見ているだけでドキドキでした。釣りたかったですねぇ。
何度も通っている渓ですが、この渓で今まで見た中では最大級のヤマメだったと思います。
素敵な里川ですよ。大好きな渓です。大切にしたいですね。
カチーフ
2014/05/25 23:07
 狙って釣る!
 最高です。
 良い型揃いで素晴らしいです。
 名栗は低調、遊ばれています。
jetpapa
2014/05/27 16:52
jetpapaさん、こんばんは。
狙ってはみるんですが、なかなかうまくいきません。何回か狙って、そのうち1回でもうまくいけば大満足といったところです。
名栗は難しそうですね。いずれチャレンジしてみたいです。
カチーフ
2014/05/27 21:02
カチーフさん ご無沙汰しています。
直接のコメントではありませんが
こちらから失礼します。
先日はご心配いただきましてありがとうございます。
あれから約1年ですが、ようやく体調も戻りつつありまして
最近趣味の釣行にも戻りつつあります。
今後ともまたよろしくお願いします。
とりあえずご心配お礼まで・・・
皆様にも今シーズンは是非お会いしたいと思っています
はやさん
2014/06/12 16:57
はやさん、お久しぶりです。コメント、ありがとうございます。
本当に良かったです。ホッとしました(笑)。
のんびりZacco釣りでもご一緒したいですね。一昨年のフィッシングショー以来になりますので、ぜひお会いしたいです。
Zacco仲間、TNK仲間に伝えておきますね。楽しみにしています。
カチーフ
2014/06/12 17:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
山女魚探釣 その5 Easy does it!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる