Easy does it!

アクセスカウンタ

zoom RSS 岩手・夏休み釣行

<<   作成日時 : 2014/08/17 13:59   >>

トラックバック 0 / コメント 16

今年も夏休みを利用して岩手へ帰省。ところがタイミングを合わせるように台風11号が各地に大雨被害をおよぼしていた。ちょうど盛岡へ着いた頃、大雨のピークは四国方面。東北地方は台風の直撃こそなかったものの、前線の影響を受けて雨続き。それもかなりの雨量で、東北の各地の渓はどこも増水して釣りにならない・・・。
実は同じタイミングで岩手へ帰省されていたジョニーさんと8月12日に岩手県内の渓でご一緒させて頂く計画を立てていたのだが、この日も朝から雨でやむなく断念。翌日から晴れ間が見えたが、さらにもう1日見送って8月14日に単独釣行することとなった。

目指したのは昨年見つけた「開けた渓」。これくらいの渓ならば多少水量が多くても、濁りさえなければ釣りになるだろうと目論んで、他の渓には目もくれずにアクセルを踏み込んだ。盛岡市街から約1時間。到着してすぐ、昨年と同じ橋の上から川面を覗き込む。
画像

画像

昨年も直前の大雨で増水気味だったが、そのときと比べてもかなり水量が多い。やや濁り気味だが、釣りは何とかなりそうな水色。ただしウェーディングは厳しそうなので、もう少し上流へ足を運んでポイントを探すことに。
ところがなかなか釣りになりそうなポイントが見つからない。ようやく見つけたポイントはこんな場所。
画像

ここは遠目に見た以上に水深があり、ウェーディングは危険な感じ。ただしここなら岸からのキャストが可能な様子だったので、足場の良い場所を選んで釣りをしてみることにした。

遠投も必要なので少し強めのタックルを選定。ロッドは工房渡辺の7.6ftにDT4Fを通す。5X/13ftのテーパーリーダーに5ftほど6.5Xを繋ぐ。ライズは見られない。水深もあるので存在感のあるフライが良かろうと考え、#10のエルクヘアカディスを結んで釣り開始。
バックが広いのでついつい遠くにキャストしたくなるが、まずは岸から離れて立って、セオリー通りに手前から徐々に探っていく。なるべくリーダーをカーブさせるように落として、出来る限りドラッグを回避しながら広くポイントを探っていく。と、対岸の枝下でフライにチェイス。スッとフライに近寄る魚影が見えたが、惜しくもバイトせず。反応が見られたことで、キャストがより慎重になる。そして斜め上流にキャストしたフライが自分の正面を通り過ぎてやや下流へ流れたときに真下から突き上げるように魚影が現れて、フライをまるでスローモーションのように咥えたのを見てロッドを立てる。と、流れのトルクも相まってなかなかのパワーでロッドを曲げてくれたのは、グッドコンディションのヤマメ。
画像

サイズ的には7寸程度だが、パワーはなかなか。

こんなヤマメが釣れたポイントはこんな感じ。
画像

一見、どこが着き場なのかわかりにくいが、流れの中を良く見るといい感じの沈み石があって、その周辺にヤマメが着いているようだ。水深があるので、いつもより長い距離を流すようにしたほうが良いようで、深いところからスッとヤマメが浮いてくるのが良く見えて面白い。
画像

ここで5〜7寸を5尾釣って、最初に画像を撮った橋のところへ戻った。

昨年、一目見て魅力的と思ったポイント。ここでフライをキャストしてみたい。そう考えて道路脇へクルマを駐めた。
画像

水辺へ近づくと、ここもやはり岸際から水深があり、また流れも早いため、先ほど同様に岸からのキャストを強いられる。ヤマメの着き場を探しながらキャストをしなければ・・・と思ったとたん、何と3投目でチビヤマメがバイト。
画像

続けていくとフライへのバイトは無数にある。どうやら相当数のヤマメがいる様子。カディスパターンが有効なようだが、チビヤマメを避けるためにここでもフライサイズを上げて#10にする。するとやや遠目にキャストしたフライが飛沫とともに消えた。と直後に瀬に飛び込んだヤマメが暴力的とも思えるような引きを見せる。
画像

岸際の水没した草を避けながらようやく取り込むと、7寸に足りないほどのヤマメ。サイズはイマイチだがフライへの出方がとてもいい。それが増水した流れに乗って走るものだから、引きはまるで尺モノとも感じられるほど。
少しずつ上流側へ進み、やがて先ほど写真を撮った橋の下に。ここは水深のためか、流れがやや弱まっているように見える。と、一部で鏡のようになった水面下に良型の魚影が見えたような気がした。

より慎重にフライをキャストして確認する。と、何投目かに黒っぽい影がフライにチェイスする。そして吸い込むような感じでヒットしたのはなかなかの良型ヤマメ。下流には流れの早い瀬があり、ここに飛び込まれないようにロッドを寝かせて引きに耐える。6.5Xのティペットは直前に換えたばかりだったが、6Xにしておけばよかったと、ちょっと後悔しながら、少しずつラインを手繰る。と、今度は上流側に上っていくような動きを見せたので、これはチャンスとばかり一気にラインを詰めて岸際の流れの弱い場所へ誘導する。浅瀬で激しく暴れるヤマメに「外れるなよ」と声を掛けながらネットで掬い取る。
画像

なかなか精悍な顔つきのヤマメ。これも体長は7寸強程度だが、増水した流れでヒットすると冷や汗モノ。一時はキャッチできないかもと、その引きに負けそうな気にさえさせられたファイターだった。

その後、例によって(笑)良型と思われるようなバイトを逃したりしつつ、小型も含めて15尾ほど。盛岡を出たのは朝8時過ぎ、帰宅は4時半頃だったが、夏場のこの時期に真昼間でもこんな釣りが出来るのだから、やはりさすがの岩手県。今年は雨に泣かされたが、来シーズンもまたこの時期にこんな釣りをしたいもの・・・。

今回は増水気味ということで極力水には立ち込まず、岸からキャストして釣るスタイルが中心となったが、少し長めで強いロッドが偶然にもそのスタイルにマッチした感じ。しかもそのロッドの強さに負けないパワフルなヤマメが釣れたのは大収穫だった。これくらいの規模の渓だと、今回使ったくらいのロッドがちょうどいいのかなと感じた。これまでの自分のロッドパワーに関する感覚を見直す良い機会になったように思う。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
カチーフさん、こんばんは!
今年はせっかくのお盆休み全般に天気が良く無いですね。
それにしても素敵な川ですね。若い頃よく冬の八幡平に行ってたんで、盛岡は大好きな街です。
一時間くらいでこんな場所にいけるとはさすが岩手ですね。
Gran Lusso
2014/08/18 00:19
カチーフさん、こんばんは。お帰りなさい!!
念願の岩手で悪天候の隙間を縫って、ツ抜け!! 良かったですね〜!!
それにしても、車を止めてすぐにポイントって感じの何とも贅沢な場所ですね。ここなら出張ついでにも行けるかも・・・なんて考えてしまいました。 (^^ゞ
Green Cherokee
2014/08/18 07:16
おはようございます、ご無沙汰しておりますm(_ _)m
いい山女魚ですね!!!
やはり、増水気味の笹濁りはドライでの釣りは難しくなりますが、さすがいい魚を食わせますね^^
僕ならウェットに逃げてしまいそうです^^;
しげ
2014/08/18 07:38
こんにちは。
せっかくのお盆休みに台風の影響での悪天候、残念でしたね。
それでもすかさず、こんないい川で美しいヤマメを連発、さすがです。
カチーフさんの、腕もすばらしいですが、やっぱり岩手、いいですねぇ。
windknot
2014/08/18 10:10
 岩手 良いですね。
 僕の大好きな安近短の典型ですね。
 お盆中、何度か僕も遊んできました。
 福島より岩手が凄そうですね。
jetpapa
2014/08/18 10:31
Gran Lussoさん、こんにちは。
ここ1週間ほどの気候にはホント、参りました。日によっては20度に届かない気温でしたので、涼しさを通り越して寒いくらいでした。
八幡平には通われたんですね。あちらにもいい渓がいっぱいあります。盛岡は都市部と自然が近いという点でも、大変魅力のある街ですね。渓流釣りには岩手は素敵過ぎます(笑)。
カチーフ
2014/08/18 10:49
Green Cherokeeさん、こんにちは。
天気に関しては「この日以外はダメ」って感じでしたね。ホント、ラッキーだったです。
出張ついでに行けますよ、この渓なら(笑)。しかもポイントのすぐ近くにクルマで寄れますし。渓を写した画像は実はすぐ横にクルマを駐めて撮ってます。チャンスあったらぜひ!
カチーフ
2014/08/18 10:55
しげさん、こんにちは。お久し振りです。
もうちょっとサイズが出てくれると良かったんですが、流れのトルクがあったので、これ以上となると取れなかったかもしれません。
私はドライしかやりませんでしたが、川の雰囲気としてはウェットは面白いと思います。ダブルハンドロッド振っても充分な規模の川ですので、大物狙いならそのほうが正解なのかも・・・。
カチーフ
2014/08/18 11:00
windknotさん、こんにちは。
出掛ける前は、実はジョニーさんと様々な渓の名を挙げてどこへ行こうかと相談していたんですが、天候に恵まれずダメになり、結局この渓だけの釣りになりました。ジョニーさんとご一緒できなかったのは残念でしたが、悪条件を回避した結果としては正解だったと思っています。
昨年も今年もライズがないところをドライフライで探って釣ってますが、こういう広い川でライズ見つけて釣るようなシーンに出会えたら痺れるだろうなぁと思いますね。魅力ある渓だと思います。でもたぶん、岩手にはこういう場所がたくさんあるんだと思います。
カチーフ
2014/08/18 11:12
jetpapaさん、こんにちは。
まさに安近短の渓です(笑)。クルマで乗り付けて、車内から川の様子見て、おもむろにロッドを取り出して・・・という感じです。もうちょっと水量が落ち着いて#2〜3くらいのラインで釣ったらもっと面白そうです。
難点は埼玉からの距離でしょうか。帰路は大渋滞のピークに当たり12時間掛かりました(汗;)。この点では福島のほうがいいですね(笑)。
カチーフ
2014/08/18 11:18
こんにちは^^
すごすぎる釣果…。
『どうぞご心配なく』のメールの意味が分かりました。
岩手万歳!!!
farwater
2014/08/18 17:24
farwater さん、こんばんは。
こういったポイントなら先行者がいてもほとんど影響ないですし(他に釣り人、見なかったですが...)、餌となる陸棲昆虫もまだ多い時期ですので、それらが動き始める前から早く釣り始めるのも考えものだと思ったんです。なので意識して遅めに出掛けたわけです。#10〜12という大きめのフライをチョイスしたことも合わせて正解だったかなと思います。
でも早朝から出掛けても釣れたんでしょうね。何といっても岩手ですから(笑)。
カチーフ
2014/08/18 21:10
カチーフさん
こんばんは。そしておつかれさまでした。
今年の雨はひどかったですね。
ご一緒できな勝ったのは残念ですがこのロケーション。とても素敵な流れですね。
来年こそはご一緒できたら幸いです。

ジョニー
2014/08/18 22:36
ジョニーさん、こんにちは。
雨に泣かされた夏休み。渓でご一緒出来なかったのは本当に残念でした。いいでしょ、画像の流れ。増水で立ち込むことは出来ませんでしたが、それでもヤマメがいっぱい遊んでくれました。私には釣れませんでしたが、当然「尺モノ」だっているはずです。来年はぜひ一緒に狙いましょう!
カチーフ
2014/08/19 12:35
こんばんは。

岩手に帰省・・・いいですねぇー(^-^)
雨模様は残念でしたが、素晴らしい釣果ですね。
こんなコンディションの良いヤマメが釣れたら最高です!
下から潜水艦のように上がってくる様子もタマリマセンね(^-^)
co-drop
2014/08/21 17:33
coーdropさん、こんばんは。
まずまず釣りを楽しむことは出来ましたが、釣り場のポテンシャルはこんなものではないはず。もう少し好条件下でやりたいところですが、来年まで「おあずけ」です。来年もぜひ行きたいと思います。
カチーフ
2014/08/21 22:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
岩手・夏休み釣行 Easy does it!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる