Easy does it!

アクセスカウンタ

zoom RSS 遅ればせながらの初釣りは修行モード?・・・柳瀬川

<<   作成日時 : 2015/01/12 10:41   >>

トラックバック 0 / コメント 18

1月11日の釣行記。正月明けから何だかんだとヤボ用に追われ、ついついロッドを振らぬまま既に10日過ぎ・・・。Facebookでは多くの方の初釣り情報が入ってくる。「そろそろ行きたいよなぁ・・・」と迎えた3連休。昨日も午後から来客があるので、午前中のうちにと10時頃に自宅を出発。情報によれば「完全なる修行モード」とのことだったけれど、年の初めはやっぱりホームグラウンドで・・・と考えて柳瀬川へ向かう。

高活性であるはずはなく、厳しい釣りになることは出掛ける前から明らかなので、とりあえず水温がなるべく上がりやすいと思われるポイントを選ぶべく、まずは金山橋の上流へエントリーした。公園を横切るとカワセミ狙いのカメラマンが三脚を並べていた。予想よりもちょっと下流寄り。もう少し上流が撮影ポイントかと考えていた。で、目論んでいたポイントへは入ることができないため、まずは橋の付近から100mほどを#22ミッジドライで探ってみる。ユスリカのハッチは多数。しかしライズは見られない。岸際の浅瀬で極小の魚が何度かフライを突いたが、フッキングするサイズではなく、早々に見切って下流へ大移動する。

次にエントリーしたのは城前橋。こちらは金山橋付近よりもさらに大量のユスリカのハッチ。しかしここもライズは見られず。同じく#22ミッジドライで探るも、ここでも何度かフライを突かれて終わり。ここから少しずつ上流へ移動して、フライに反応する魚を探すことにする。

この日は風も弱く快晴で、ワリに温暖。バッチリと防寒装備をしてきたけれど、川沿いにポイントを探りながら移動を繰り返していると、ジンワリと汗ばむほど。釣りの条件としては良いけれど、それにしてもフライに対する反応は希薄。これまで実績のあるポイントもことごとくダメ。「やっぱり修行モードだよなぁ・・・」。
そしてやがて行き着いたのはこんな場所・・・。
画像

この付近から川原も開けてくるので、ティペットを少し長くしてみる。0.2号(9X)だとキャスティングで撚れてしまいやすくなるので、結んでいた#20ミッジドライの下側ハックルをクリッパーで少し刈り込んでみた。

少しロッドを傾けてループを横に倒した形でキャストする。出来るだけ長くドラッグを掛けずに流したいため。何度目かのキャストに銀色の魚体が反応した。これまでフライを突きに来ていた極小の魚とは違い、明らかにそれなりのサイズが、この日初めて反応を見せた。さらに数回キャストを繰り返すと、明らかにフライを食いに出てくるのだが、食い損ねる形となってフッキングしない。ここでフライを交換。#20のCDCフローティングピューパをチョイス。水面にぶら下がるスタイルとすることで、オイカワがフライを咥えやすくなるのではないかと考えた。するとフライ交換直後の1投目ですぐに答えが出た。
画像

フライを頬張るように咥えたオイカワ。さっきフライに向かってスーッと浮いてきたのと同サイズだろう。これくらいのサイズならそれなりに引き味も楽しめる。今年の初物。丁寧にネットに横たわらせてデジカメのシャッターを切った後にリリース。

同じくCDCフローティングピューパで探りを入れる。さっきはワリにこちらの岸寄りの浅瀬でヒットしたので、次は少しずつ奥側の流れへと順番にトレースしていく。と、良い感じにパシャッと飛沫が上がる。が、連発とは行かず。CDCが水を含んで沈みがちになって見えづらくなるのでドライヤーで乾かしてフロータントを塗り直す。これがポイントを休めることにもなる。そして間を取った後、再開のキャストに2尾目のヒット。
画像

この日、これまで使っていたのとは違うフライリールでの初釣行だった。OrvisのCFOU。CFOシリーズの最小サイズ。以前からチャンスがあったら手に入れたいと願っていたフライリール。もちろん中古品だがなかなか手が届かなかった。それがようやく念願かなって入手。そしてこの日が初釣行。釣果が得られて良かった・・・。
画像


このポイント、何故だかこの日、オイカワが溜まっているようで、適当に間を空けてフライを流すと連続で反応がある。もちろん極小サイズもいるのだが、ときおりフライめがけてスーッと浮いてくる魚影の中には、それなりのサイズもいるよう。このポイントにたどり着くまでにずいぶんと時間を費やしてしまったので、もうそろそろにしないと午後のヤボ用に間に合わなくなる頃・・・。あと数投したら終わりと決めて、手前に奥にといくつかあるレーンを改めて探り直す。ちょうど川幅の中央付近の筋を流したフライにバシャッと飛沫が上がる。が、フライは浮いたまま。アワセを入れずにそのままさらにフライが1mほど流下したときに、再び飛沫があがり、今度は立てたロッドにしっかりとフッキングした手応え。意外になかなかの引き。瀬尻でフッキングしたので、そのまま下流の浅い早瀬に走られて、ロッドが良い感じに曲がる。そして寄せたオイカワはこの時期としてはずいぶんと肥えた感じの良型。
画像

ネットの内径との比較で予想するところでは13センチくらいはありそうだ。これくらいがヒットしてくれると引きも十分に楽しめる。

そしてラストと決めたキャストにヒットしたオイカワはスーッと浮上してくる姿からきれいに目視できた、理想的なヒット。これをキャッチして(撮影しなかった魚体も含めて)計7尾の釣果。真冬の初釣りとしては大満足の釣果。
画像

この時期、ライズを見つけることは非常に難しいが、それでもこの日のように居場所、ツキ場を見つけられるかどうかがポイントになりそう。足で探る釣りスタイルが有効そう。その日、その時でツキ場も変わるのだろうが、様々な条件下で的確にそうした場所を見つけられるようになりたいもの。

「やっぱり修行・・・」との予想に反して、意外に良い釣りが出来た今年の初釣行。いつもいつもこんなにうまくはいかないのだろうけれど、しぶとくポイントを探して釣果に結び付けたいもの。今年も柳瀬川には楽しませてもらいます(笑)。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
カチーフさん、こんにちは!
初オイカワ釣りおめでとうございますm(_ _)m
いつもながら隊長のあくなき探求心が素晴らしいですね。テクニカルな記述を読んでると“なるほどー”と感銘しきり、そしてちゃんと答えを出す。さすがですねー。今年も貴ブログで勉強させていただきます(^^)
それにしても冬の13cmのオイカワが本当に眩しいですね!
Gran Lusso
2015/01/12 11:35
GranLussoさん、こんばんは。
ようやく初釣りに行けました。昨日でなく今日にしようかとも考えていたんですが、今日は強風だったので昨日行って正解でした(笑)。
この時期だととにかくフライに反応する魚を探さないとどうしようもないです。半ば破れかぶれで叩いて行った結果、たまたまそういうポイントに行き当たってラッキーでした。
13センチはこの時期の柳瀬川では大型です。うれしい1尾でした。
カチーフ
2015/01/12 21:37
こんにちは。
すっかり修行モードの柳瀬川で13pはお見事というしかありません。
さすがです。
風がない穏やかな日であればグッドサイズも反応してくれるのでしょうか?
でもそこに行き着くまでが忍耐の連続なんですよね。
windknot
2015/01/14 10:00
windknotさん、こんにちは。
いるところにはいるんですよね。冷え込むとなかなか水面まで出てきてくれないので、やはり「風がない穏やかな日」に、そうした場所を探さないといけませんね。まさにそれこそが「修行」ですね(笑)。
カチーフ
2015/01/14 12:20
カチーフさん、こんばんは。
さすが隊長!素晴らしい、そして恐れ入りました。
やはり11日は釣り日和でしたね。私は所用のため10日と12日の出撃でしたが、両日とも強風でしたからね。それにしても、今の柳瀬川でこの釣果はすごいですよ。
#20のCDCフローティングピューパですか、これってまさにThe last hope Flyですよね。
後は、サイズダウンしか手がない…
私はまだオイカワでこれを使ったことありません。
今度隊長にならって使ってみようと思いました!
numassan
2015/01/14 21:22
numassan、こんばんは。
まさに当日は釣り日和。前日、翌日の強風とは全く違う一日でしたね。
歩き回った結果、良いポイントを見つけることが出来ました。我ながら、この時期にしては良い釣果だったと思います。
CDCフローティングピューパ…まさに「奥の手」です。渋い時には効果的です。ぜひお試しあれ(笑)。
カチーフ
2015/01/14 22:53
カチーフさん、再びこんばんは。
OrvisのCFOUの入魂、おめでとうございます!
実はこのリール私も大好きです。
どのロッドにも似合う永遠のスタンダードでしょうね。
如何にもカチーフさんらしいチョイスだと拝察いたしました。
numassan
2015/01/15 18:19
こんばんは。
この時期に素晴らしい釣果ですね。さすがです。
私は初釣りで撃沈してちょっと心が折れかけていましたが、あきらめずにまた頑張ってみようと思いました。
JICKY
2015/01/15 21:33
numassan 、こんばんは。
渓流で使ってるリールも数年前からCFOばかりになりました。
あれだけ傷だらけが似合うリールってないと思います。
T、U、V、123と全て中古で手に入れましたが、使い込んであるにもかかわらず、どれもラチェットの摩耗がほとんど見られません。こういうところが長く使う上で大事なところだと思います。
そうそう、決してしまい込んでおくつもりはなく、全て実釣で使ってますよ(笑)。
カチーフ
2015/01/15 21:51
JICKYさん、こんばんは。
風がない穏やかな日に出向いたことと、偶然にしてもオイカワが溜まっている場所に当たったのがラッキーでした。釣れたオイカワのサイズは予想以上でしたけど…(笑)。
修行の季節です。撃沈を恐れちゃいけませんよ(笑)。
カチーフ
2015/01/15 22:12
カチーフさん こんばんは
修行時期の流石の釣果!
感服いたします。
修行といえども答えが見つかると
これだけの釣果が得られるんですね〜。
これを目指してチャレンジしたいですね。
ナシオ
2015/01/15 23:33
ナシオさん、おはようございます。
居場所に行き当たるかどうかですし、風・天気の影響も大きいですから、運によって左右されますよ。
「答えを見つける」というよりも「下手な○○も…」のほうが当たってる感じです(笑)。
カチーフ
2015/01/16 08:32
こんちはー。
なんだかんだで良い初釣りに纏め上げちゃうトコが凄いです。
私なんて目も当てられませんよ。。。(泣)。
やっぱり、“水面ぶら下がり系”はノリが良い気がしますね♪

今週は釣りは無理なのですが、来週はFFKの予定です。
午後、小畔川に足を延ばしてみようかなと思っています。
かっしー
2015/01/17 09:59
遅ればせながら。。。
初釣り。。。
修行モードとはいえしっかりつっていらっしゃる。。流石ですねぇ。この時期やはり厳しいくなりますがやっぱりやめられませんね。
ジョニー
2015/01/17 10:52
かっしーさん、こんばんは。
半沈はやはり吸い込まれるにも有利なパターンですが、浮力と視認性の点では不利なので、やはり使い分けがキモだと思います。
FFK…あそこもかなりの修行モードかと…(笑)。好釣果を期待しています。頑張って下さい。
カチーフ
2015/01/17 18:07
ジョニーさん、こんばんは。
とりあえず初釣りで釣果得られてラッキーでした。今日のように寒風吹きまくりだったら絶対ダメでしたね(笑)。
調子に乗って明日も行こうかと画策中…。明日は返り討ちに遭うかもしれません(爆)。
カチーフ
2015/01/17 18:13
カチーフさん、こんばんは。すっかりコメント遅れてしまいました・・・<m(__)m>
厳しい状況の中、魚を探しつつ、見事に良型のオイカワで結果を出す隊長はやっぱりさすがです!!
明日の修行・・・相当厳しそうですが、魚とご対面できますよーに!!
Green Cherokee
2015/01/17 23:45
Green Cherokeeさん、おはようございます。
やっぱり居場所を見つけられるか否か、ですね。
昨日また「修行」のつもりで出掛けましたが、今回はまっしぐらに同じポイントに入りました。気温・水温とも前回より低かったですが、結果「ツ抜け」でしたので「場所次第」って感じですね。
カチーフ
2015/01/19 08:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
遅ればせながらの初釣りは修行モード?・・・柳瀬川 Easy does it!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる