Easy does it!

アクセスカウンタ

zoom RSS ヤマメ釣行2015  第5弾

<<   作成日時 : 2015/05/31 01:10   >>

トラックバック 0 / コメント 8

5月29日の釣行記。 実に久々の釣行。GW明けから予想外に野暮用に追いまくられて、なかなかロッドを振る時間が取れず、気がつけば5月も末。間もなく各地で鮎釣りも解禁を迎える時期。平日に時間が取れたので、まっしぐらに渓流へ向かう計画を立てた。「平日ですけど渓流に行きますよ」と投げ掛けたら、すぐにバイトしたのはnumassan 。早朝、拙宅までお越し頂き、我がイレグイjr号で一路渓流を目指した。

ここ最近、まだ5月なのにそうとは思えないほどの暑さが続いていた。ニュースでは「7月並み」とも言われるほど。この暑さではウェーダー履いて一日中歩き回るのは大変…と思っていたが、この日は朝から曇天。現地に着いてクルマを降りると風もない。「釣り日和だねぇ」と二人で話しながら入渓点近くでウェーダーを履き、ロッドを継いだ。
水辺は快適。涼やかな空気に身を委ね、まずは思い切り深呼吸。今日は工房渡辺のスローなロッド。DT2Fをセットして釣り開始。
画像


釣り始めて間もなく、フライにバイトがあった。ちょっと小さい魚のよう。初めてのポイント。しかもアクセスの良い道路沿いの渓。ヤマメがいるのか、ちょっと心配もあったのだが、反応があって一安心。numassanと交互にポイントを攻めながら釣り上がる。
入渓点からしばらくは蜘蛛の巣に悩まされたり、パターンがうまく掴めなかったりといった感じだったけれど、釣り上がるにつれて徐々に雰囲気がわかってきた。
画像


結果からいうと、このポイントはヤマメだらけ。午前中だけでnumassanも自分も「ツ抜け」。ポイントによっては、それこそワンキャスト・ワンバイトといった感じで、それこそパターンさえわかってしまえば次々とヒットする。
ただしサイズがイマイチ・・・。上のヤマメが咥えている巨大なEHC(!)は何と#16・・・。例えるなら「オイカワサイズ」。それがウジャウジャいるポイントというわけ・・・。それでもチビヤマメを何尾も釣っているうちに、中にはソレナリのサイズも出てくる・・・のを期待してキャストを続ける・・・。
画像

ようやく釣れた「それなり」のサイズ・・・(笑)。

そのうちnumassanにもちょっとサイズアップしたヤマメがヒット。
画像


渓相はちょっと小規模だけれど、なかなかきれいで素敵な雰囲気。道路沿い、民家裏を流れる、典型的な里川の風景。そんな中を流れる小規模な流れ・・・。
画像

ヤマメは呆れるほどに多く、numassanは「オイカワだって、こんなには釣れないヨ・・・」とボヤくほど。午前中の最後はこのポイント。ここがまたすごいポイントで、いくら釣ってもまだまだ釣れ続けるという、すごい場所・・・。
画像

チビヤマメを数尾リリースした後に「それなり」のサイズのヤマメをキャッチしたnumassan。

それでもまだライズが見られる(!)ので、ヤマメをネットインしたnumassanと交代して自分がキャストした直後にまた「それなり」がヒット(笑)。せっかくなのでnumassanのネットに便乗させて頂いて写真撮影(笑)。
画像


昼食後は朝の入渓点からさらに下流から入り直した。こちらは最初はなかなか反応がない。それでもやがてチビヤマメが反応し始めて・・・と油断していたら、何と良型を2度3度とバラシ、さらには掛け損ね・・・。まさに油断。痛恨のミス(泣)。
あっという間に朝の入渓点にたどり着いてしまったのでどうしようかとnumassanと相談した結果、午前中に釣った区間をもう一度釣ってみることに。普通なら午前中に叩いたポイントには目もくれないのだけれど、チビヤマメがあれだけいるポイント。チビしかいないはずがない。徐々に陽も傾いてくる頃。もしかしてラッキーがあるのでは・・・とそのまま朝釣ったコースを釣り上がる。

が、そんなに現実は甘くなく、これといった釣果もないまま(→それでもチビヤマメは延々と釣れました。)、午前中のラストに連続でヤマメがヒットした落ち込み。もう陽も暮れかけていて薄暗い中、やはりライズが見られる。numassanがライズを狙うのを私は背後から見守る。
画像

ヤマメの活性はやはり午前中以上に高く、キャストごとにヤマメがフライに反応する。最初のキャストに反応したヤマメはなかなかのサイズのようだったが、フライをうまく咥えていなかったのか・・・。それでもキャストし直すと、やはりまたヤマメが反応を見せてくれる。ところがここでアクシデント。何とnumassanのフライが手前の岩に噛んでしまったようで外すことが出来ない。フライを回収するにはポイントに近づかなければならないが、ライズはまだ続いている。numassanにはラインを水面近くに下げた形で待機して頂き、急遽私が代わりに狙う。と3投目に出たヤマメはそれなりにロッドを曲げてくれるサイズ。
画像

画像

本当ならnumassanが釣るはずのヤマメを私が横取りした形・・・。numassan、申し訳ありません(笑)。
その後、フライの回収に成功したnumassan。再びライズを狙うけれど、その後はチビヤマメばかり。陽も暮れてフライも見えなくなり、ここでロッドを仕舞うこととなった。

最後はちょっと残念な形となったけれど、それでもこの日は二人で30尾以上の釣果。しかもヤマメばかり。サイズは不満だけれど、これだけのヤマメの数釣りはそうはないこと。珍しい体験が出来たと思う。
他に釣り人の姿もなく、のんびりとした里川の釣り。スローなバンブーロッドで遊ぶにはすごく恵まれた釣行。numassan、まだぜひお付き合い、よろしくお願いします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
カチーフさん、ご無沙汰してます。
凄いですね!オイカワ以上の数釣り!
ボーズマンが多い自分はちょっと真似させて貰おうと思います(笑)
最後のnumassanさん越しの横取りゲットのやり取りが目に浮かぶようで受けます(笑)
うお
2015/05/31 11:18
うおさん、こんにちは。お久しぶりです。
数だけは実によく釣れましたが、サイズがねぇ…。
でもいたんですよ、良型も。バラしたり、フッキング出来なかっただけなんです。
チビヤマメはそれを最初から狙うつもりならもう「いくらでも」っていう感じです。次回はオイカワロッド持って行ってみようかな(笑)。
numassanから横取りしたヤマメ、なかなかの美形でした。
何だかnumassanにはいつも良い思いをさせて頂き、ちょっと申し訳ない感じです(笑)。

カチーフ
2015/05/31 12:25
こんにちは(^_^)
爆釣おめでとうございます!
これだけ釣れれば、文句なしですね。
しばらく釣りしなくてもいいのでは?(笑。
farwater
2015/05/31 18:09
farwaterさん、こんばんは。
確かに数だけは釣れましたが、9割方オイカワサイズでしたからねぇ。
次にこのポイント行くときはBlueheronさんのロッド持って行こうかな(笑)。
カチーフ
2015/05/31 21:07
カチーフさん、こんにちは。
長い一日お疲れ様でした。
イレグイJrに同乗させていただき感謝です。
最後のヤマメは横取りなんかじゃないと思っています。
私の確か3投目くらいで躍り出たヤマメはもっとデカかったようだと思っています。バイトを重ねるたびにサイズダウンしていた傾向を考えても、その後にカチーフさんが掛けたヤマメは別物ではなかったかと。
なーんて、負け惜しみでしたぁ(笑)
いずれにしても、カチーフさんはお見事でした。釣った人こそ偉いんです。
それにしても二人して釣りまくりましたね。あんな体験は滅多にあるもんじゃないでしょう。
いい一日でとても楽しかった。
間違いなく記憶に残る釣行でした。またソバ食いに行きましょう。
numassan
2015/05/31 22:20
numassan、こんばんは。
当日はありがとうございました。
それにしてもものすごいヤマメの濃さでしたね。私もあれほどの魚影の濃いポイントって初めてでした。
延々とキャストの度にヤマメが反応するなんて、信じられない光景でしたね。やっぱりあそこはパラダイスですね。
またぜひ旨い蕎麦、食べに行きましょう(笑)。
カチーフ
2015/05/31 22:46
カチーフさん、おはようございます。遅いコメントで大変失礼します・・・ <m(__)m>
何とも素敵な里川で、しかも、ヤマメ連発なんて・・・、更には、美味い蕎麦屋付きなんて・・・!!!!! これはまさに、”また行かねば!!”、ですよね。
もちろん、次回はBH Rodを持って・・・ (^^ゞ
Green Cherokee
2015/06/07 08:33
Greencherokeeさん、こんにちは。お久し振りです。
まさにパラダイスですよ、ここは。行く度に魅力が増してくる感じです。
今回の区間はチビヤマメがウジャウジャという状況で、まさにBlueheronロッドで楽しむのには良さそうでしたが、恐らく良型もいると思うんです。油断大敵。次回はそれを狙いたいです。もちろん蕎麦付きで(笑)。
カチーフ
2015/06/07 11:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
ヤマメ釣行2015  第5弾 Easy does it!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる