Easy does it!

アクセスカウンタ

zoom RSS ジャパンフィッシングショー2016

<<   作成日時 : 2016/02/04 12:40   >>

トラックバック 0 / コメント 2

1月29日から31日まで、「ジャパンフィッシングショー2016」がパシフィコ横浜で開催されました。
画像

今回、2年ぶりに出展した「工房渡辺」のスタッフとして私もブースのお手伝いをしてきました。工房渡辺の出展ももう6回目。出展される都度、お手伝いで参加していますので、もう勝手や段取りも承知の上。今回も出展社証を携えて、29日の朝、意気揚々と会場へ向かいました。ちょっと電車が遅延しましたが、それでも初日の開場時刻の10時少し過ぎにはブースに立つことが出来ました。
画像


ブースの右隣はテヅカ・アートクラフトさんのブース。剥製と見紛うばかりの見事な魚体のレプリカ(樹脂製)。
画像
そのさらに右がシマノさんのフライ専用ブース。今回はNewモデルのフライロッド&リールのシリーズをリリースされました。おなじみの里見さん、安田さんも常駐です。
画像
そして工房渡辺ブースの左隣はAQUAZというウェーダー、シューズをメインとするメーカーさん。
画像

男性女性お二人のスタッフの方がおられたのでご挨拶ついでに話を伺うと、お二人とも韓国から来られた方で東南アジアに展開する工場で高品質のウェーダーやシューズを製造されているそうです。確かに展示された商品は質感・デザインとも素晴らしいものでした。そしてほどなくそのブースに現れたのは何と杉坂研治さん、友大郎さん、渓亮さん。TVの釣り番組でもすっかりおなじみの皆さんです。杉坂研治さん率いる「KenCube」がAQUAZの日本総代理店ということだそうです。

初日は開場から14時までがビジネスタイム。業者様・関係者様・マスコミ向けの時間。むしろいろいろとお詳しい方が多く、話の中身も実に濃い(笑)。様々な情報交換とともに写真撮影を求められることも多かったです。
そして14時を迎えていよいよ一般公開開始。とはいえ「平日だし…」とのんびり構えていたところ、何と予想外の混雑ぶり!一気に会場内の温度も上がって汗をかくほど。「以前の土日と変わらないね」と渡辺氏。

土日は9時開場。近隣ブースの方々との挨拶の後、開場するとともにダッシュでお目当てのブースへ向かうお客様。杉坂友大郎さん、渓亮さんと「スゴ〜い!」とあっけにとられて見てました(笑)。
画像


今回、工房渡辺では「Lシリーズ」と名付けた新たなロッドをリリース。このロッドは私も昨シーズン試釣しましたが、#1〜2ラインが実に楽しいロッド。ブースに見えられたお客様はアンサンドのこのNewロッドに興味津々で触れられていました。「オイカワに具合のよいロッドは?」というご質問も多かったです。もちろんLシリーズがオススメなのですが、そのままオイカワ談義というシーンもたびたび(笑)。私が胸に付けていたピンバッジもずいぶんとウケが良かったです(笑)。
画像


初日〜2日目は天気がイマイチで開場前は入場者数の心配もしていましたが、いざ始まったら全く杞憂。最終日まで本当に数多くの方々が見えられ、工房渡辺ブースも息つく間もない3日間でした。終わったらもうヘロヘロ。「歳を感じたね」とは渡辺さんの弁。私も同感です(爆)。

お隣ブースの杉坂友大郎さん、渓亮さんにはすっかりお世話になりました。まるで旧知の間柄かのようにフランクにお付き合い頂きました。お二人ともホントに素晴らしい好青年でした。ブースに足を運んでくれたTNK仲間達にも感謝です。あまりゆっくり話も出来ず、申し訳なかったです(詫)。
そして何より当ブログをご覧頂いて、あるいはfacebookやtwitterをご覧頂いて、ピンバッジを目印にお声掛け下さった方々にも感謝申し上げます。オイカワフィッシングの話題で盛り上がることが出来ました。
またこのようなイベントに参加する機会があれば、ぜひまたお目に掛かりたいと思います。もちろんこうしたイベント会場だけでなく、釣り場でお会い出来れば最高です。その際はまた様々な釣り談義で盛り上がりたいと思います。
画像



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
フィッシングショー、お疲れ様でした。
今回も行けなくて残念でしたが、会場は盛況だったようですね。
フライの出展の少なさは寂しいですが、その中でひとり気を吐く渡辺さんの気骨には頭が下がります。
また、著名なフライマンとの交流はなんともうらやましい限りです。
windknot
2016/02/06 22:19
windknotさん、おはようございます。
フライ関係は出展が少なくて、ホントに残念でした。ラインを通して試投するスペースもなかったので、それについてはシマノの方々も残念がってましたね。
里見さん、安田さん、杉坂ファミリーの皆様とはいろいろと楽しくお話させて頂きました。フライ関係の出展ががこれだけ少ないと、かえって仲間意識みたいなものが出来ちゃう感じですね(笑)。杉坂研治さんから伺った「ウェーダーのインナー」の話はとても勉強になる内容でした。さっそく今期、実践してみたいと思っています。
カチーフ
2016/02/07 08:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
ジャパンフィッシングショー2016 Easy does it!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる