Easy does it!

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ボ』と紙一重…柳瀬川

<<   作成日時 : 2016/02/13 12:14   >>

トラックバック 0 / コメント 4

2月11日の釣行。午前中のうちに様々雑用を片付けて、午後から柳瀬川へ向かうことに。午前中、作業しながらふと窓の外に目をやると、わずかに電線が揺れていた。いつも柳瀬川へ向かう際にはこれで釣り場の風の状況を占うようにしている。少し風があるけれど、釣りには支障なしといった感じか。しかしいざ柳瀬川へ向かう頃には、その風も気にならない程度まで落ち着いてくれた。

釣り場に着いたのは14時頃。「たぶん修行モードだろうな…。」例年、2月は最も釣りが難しい。そうそう簡単には釣れない時期。わかってるんだけど、それでも結ぶフライはパラシュートミッジ(#20)。とりあえず立ち位置に近い流れにフライを落としたが、減水したその流れの水深はわずか10センチ弱。「いくら何でもねぇ…」といった感じの流れだが、何とその筋で1投目から小型がフライを突く。#20でもフッキングが難しそうなサイズのようだけれど、とりあえず反応があっただけでもうれしい。半沈パターンなども試したけれど、結局フッキングには至らず、次のポイントへ移動。
画像


しかしここからがまさに「修行」。流れが遅いところでは水底がびっしりとコケに覆われている。それだけ水温が高いということなんだけれど、オイカワの活性は非常に悪く、ほんの数回フライに反応があった程度。もうホントにため息しか出ない状況。笑っちゃうしかない(爆)。
思いきって大移動してもっと上流を目指そうかとも考えたけれど、釣り始めてからここまで既に1時間以上が経過。陽も傾き始めているし、大移動しても釣りが出来る時間はそれほど長くないと考えて、フライに何度か反応があった最初のポイントに戻ることにした。
画像


最初にここでキャストしたときに反応があったポイントを集中的にやってみる。小型のオイカワでも浮力が弱くて吸い込みやすいだろうと考え、こういう状況でも実績があるCDCフローティングピューパ(#20)を結んだ。
狙うポイントが近距離なので、ほとんどリーダーキャスト。流して数回目に案の定小型が反応。スッとCDCウイングが水面下に消える度に軽く聞きアワセのようにロッドを立てるが、空振りの連続…。そして10数回キャストしただろうか、ようやくフッキングしてくれた待望のオイカワ。
画像

画像


デジカメのシャッターを数回切ってリリースした後、次はさっきよりもやや奥の筋。ようやく釣れた今度のオイカワは体長5センチほど。最初からフライを突っついてフッキングしないのはこのサイズのオイカワだろう。その後5〜10センチほどのオイカワを掛けた後、この日最後のオイカワは体長12センチ弱ほどだけれど、とてもキレイな個体。ランディングネット上で撮影しようとしたけれど、水底のコケが美しくないので手の上で横たわってもらった。
画像


この日の釣果は計6尾。決して良型という訳ではないけれど、美しいオイカワが釣れたので満足しなければいけない。しかし結局ごく限られたポイントでしか釣れてないことを考えると「『ボ』と紙一重」ってこと…。いやはや、まだまだ修行が足りませんね(苦笑)。次も頑張ります(笑)。 

・・・って実はこっそり翌日もやったんですが、粘った挙句良型1尾に沈んだことはナイショにさせて下さい・・・(泣)。
画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
カチーフさん、こんにちは。
いよいよ最も厳しいモードに突入したようですね。
今日14日行ってきました。雨で増水し水温はなんと18℃、気温22℃でしたが、濁りがひどく釣りにはなりませんでした。
予想通り完敗撃沈。1尾が貴重ですね。
numassan
2016/02/14 20:38
numassan、こんばんは。
水温18℃とはすごいですね。それでもなかなか釣れないところが柳瀬川のいいところです(笑)。
そんな状況下で突然ドライに飛び出すオイカワを探して歩き回る…それこそ修行の基本です。存分に楽しんで下さい(爆)。
来月には早くも渓流解禁。ヤマメの姿をダブらせながら、柳瀬川のオイカワを探しましょう。
P.S…今季はこれまでとは違う渓流を釣りたいと考えています。
カチーフ
2016/02/15 01:50
フィッシングショーおつかれさまでした。
渡辺さんのロッド、ライトラインシリーズはオイカワにも。。。なんてお話しておられましたね。
やはり修行の時期なんですね。
渓流も解禁が近づいてきた感がみなさんのブログからヒシヒシと感じ取れます。
今年は珍しく少しそわそわしている自分がいます(笑)

ジョニー
2016/02/16 12:41
ジョニーさん、こんにちは。
フィッシングショーではありがとうございました。
暖冬だろうが高水温だろうが、やっぱりこの時期は釣れなくなりますね。オイカワのほうが人間よりもしっかりとした季節感を持っているようです。よくできたものですね。
渓流解禁ももうすぐですね。私も待ち遠しく感じています。今年はちょっと例年とは違った感じで渓流釣行したいと思っています。
カチーフ
2016/02/16 14:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
『ボ』と紙一重…柳瀬川 Easy does it!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる