Easy does it!

アクセスカウンタ

zoom RSS 渓流散歩2016 その3

<<   作成日時 : 2016/05/28 13:19   >>

トラックバック 0 / コメント 4

5月27日の釣行記。前々から計画していた平日釣行。ところがせっかくのそんな日にあいにくの雨の予報。しかし「昼頃には雨も上がる」ということだし、増水するほどの雨量でもなさそうなので出掛けてみることに。ここのところどこもやや渇水気味のようなので、かえって好条件になるかもと期待することに。

現地に着くと雨はパラつく程度で、雨具も要らない。念のためベストの背中にレインジャケットを押し込んで川に降りる。水量は相変わらずの減水状況。濁りもない。雨の影響は良くも悪くも全くない(苦笑)。曇天無風なのが釣りには有利なところか。今期の渓流釣行はどうにも不調傾向なのだが、少しでも有利な点があればそれに頼りたい気持ちも…。先行者の姿は全く見えない。水温は16.3℃。
画像


入渓点から渓の上流〜下流を見渡す。とりあえずライズはない。EHC#16を結んで叩き上がっていくことにする。
しばらくすると両岸が自分の背丈ほどの葦に囲まれたエリアになる。とても釣りになりそうにない区間だが、それでも踏み跡はしっかりとあって、日ごろから入渓者が多いことを物語る。流れが狭くてポイントとは言えない場所はスルー。そこを抜けると低い堰堤のポイントに出た。ここもまずは観察。やはりライズは見られないので端から順番に叩いていくと、フライが落ちた瞬間にバイト。無意識に反射的なアワセをくれるとチビヤマメがフッキング。
画像

サイズは相当にイマイチなのだが、それでも嬉しい1尾。しげしげと眺めてリリースした。

さらに進むとまた葦に囲まれたエリア。ここは踏み跡もないので、そのまま流れの中を上がっていく。風が吹くとちょっと厄介そうなポイントだけれど、この日は風もなくキャストはしやすい。
画像
と、葦の根元にあるひとかかえほどの石の前の緩流帯に差し掛かったEHCにバイト。自分の脇をすごいスピードで下流に一気に走ったので、体制を低くしてロッドで溜めて、自分から魚に近づいてランディング。
画像

サイズはまずまず。特別大きなサイズではないけれど、楽しむには十分なサイズ。これくらいが釣れてくれると大満足。

この付近はなかなか活性の良いヤマメがついているようで、ライズこそないけれどフライには良い感じでアタックしてくる。先ほど釣れたポイントにほど近い場所でヒットが続く。
画像


石が適当に入っている場所は好ポイント。どこから飛び出してくるかと予想しながらフライをキャストする。途中フライをテレストリアル系に変えてみたけれど、この日はEHCへの反応が良い様子。ヒットはすべてEHC。
画像

ここは見るからに護岸の下についているだろうと予想ができるポイント。少し遠めからキャストすると、しばらくフライが流れたところで護岸下から魚が飛び出してくるのが見えた。
画像


それほど距離を歩くでもないのだけれど、この渓は様々なシチュエーションで釣り人を迎えてくれる。その先はいかにもといった感じのプール。
画像

ここでは休憩も兼ねてライズを待ってみた。腰にぶら下げたPETボトルのお茶は、ありがたいことに冷たさを保ってくれている。喉を潤しながらも目はライズを探してあちこちへと…。するとようやく小さなライズ。何となく小型魚のそれに思えたので、もうしばらく待ってみるけれど、引き続き起こったライズもやはり小型魚のよう…。痺れをきらしてキャストする。数投目のバイトにアワセをくれると微妙なテンションが…。
画像
 やっぱりチビヤマメでした(笑)。

時計を見るとそろそろいいかな・・・という感じなのでこの辺りで納竿にしよう・・・と川沿いの道路へ出てクルマへと戻ることに。
画像

すると道路から見下ろした瀬の真ん中で良型と思われるサイズのライズを発見。もうクルマまですぐというところだったけれど、これは見逃す手はないと、思わず水辺にまっしぐら…。

ライズは連続している。立ち位置的に上流からフライを流し込んだほうが良さそうに思えたので、なるべく近い位置まで近づいてからライズのタイミングを計ってフライをキャストした。いったん対岸寄りにフライを落として、そっとロッドを立ててライズのレーンにフライのコースを合わせる。と、激しいスプラッシュでフライが消えた。
画像

ロッドを力強く曲げて、7Xがちょっと心配になるほどの引きを見せてくれた良型。この日の釣りを締めくくるには十分なヤマメ。これでスカッとした気分で帰路についたのは言うまでもなし。天気も何とか持ってくれたし、そこそこに釣果にも恵まれて、何となく今期の渓流釣行で3度目にしてようやく一息つけた感じ。これで不調の波が去ってくれることに期待。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
道沿いの里川に見えるのですが,こんなところでヤマメが釣れるのですか?
リョウ
2016/05/28 16:09
リョウさん、こんにちは。
ご覧の通り、道路沿いの里川です(笑)。私のヤマメ釣りのイメージって、こういった感じの道路沿いとか、畑や田んぼの脇を流れるような、まさに里川での釣りなんですよね。
深山幽谷の釣りもいいですが、私は里川のこうしたユルい感じが大好きなんです。もちろんこうしたユルい場所のヤマメはスレっからしで手ごわいですが。
カチーフ
2016/05/28 17:43
カチーフさん、こんばんは。
不調?脱出おめでとうございます。
里川の釣りもいいですね。ヤマメもきれいで言うことなし。やっぱり今ごろが一番いい季節ですね。
windknot
2016/05/28 21:14
windknotさん、こんばんは。
天気がどうかと心配しながら出掛けましたが、期待以上に楽しむことが出来ました。典型的な里川。クルマまで戻る間に自販機で冷たい飲み物を買って、風景を楽しみつつ、喉を潤すことが出来ます(笑)。
これでスランプ脱出となればいいんですけどねぇ。次回の釣行が今から楽しみです。
カチーフ
2016/05/28 21:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
渓流散歩2016 その3 Easy does it!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる