Easy does it!

アクセスカウンタ

zoom RSS 午後からヤマメ

<<   作成日時 : 2017/03/12 11:50   >>

トラックバック 0 / コメント 2

3月11日の釣行。午前中はちょっと用事でふさがっていたけれど、午後から時間が出来たので近場の渓に足を延ばしてみました。きっと朝から先行者に責め立てられているだろうと覚悟して出掛けましたが、川辺に立つと適当にライズがあって、ドライフライを数尾のヤマメが咥えてくれました。
画像


快晴微風のこの日。午後からの釣行を楽しみに午前中の用事を片付けた。昼食も取らずにコンビニでおにぎりを調達。水面を眺めながらいそいそと昼食を終えて、いざ釣り開始。ロッドは6.6ft/#3のバンブーロッド。12ft/6Xのテーパーリーダーに、やや短めに3ftほど7Xを結んだ。気温は高いけれど、時折吹く風はやや冷たい。当初はライズなし。けれど水面近くには大量のユスリカとコカゲロウ。キャストする前にじっくりとポイントを観察していると、石の裏で水中にギラッと光る魚影を発見。迷ったけれどフライは#18のユスリカを模したパラシュートパターンをチョイス。バックの枝に気を付けながら、ややダウンの立ち位置からフライを石裏の緩い流れにそっと落とす。一瞬、フライを見失ったけれど、そんなことは関係ないくらい派手に、魚体が水面から飛び出すようなアタックでヒットしたのは20センチほどのヤマメ。この日がシェイクダウンのAMIYAネットで丁寧にランディング。ややエラ蓋が未発達で赤いエラが少し見える放流魚特有の姿をしたヤマメだけれど、シーズン最初の釣行のファーストキャストでヒットというのは実にうれしい。
画像


リリースして上流へ少しずつ進む。水温計を忘れてしまったので正確な水温はわからないけれど、手を漬けた感じでは7〜8℃というところか。ワリと冷たい感じ。渇水気味で水位は低い。
画像

こうしてみるとまだまだ渓は冬の装い。しかし飛び交う羽虫は数多く、確実に季節が進んでいることを知らせてくれている。

流れの筋では全く反応はない。まだ流れの緩いトロ場やプールのみが狙い処のよう。しばらく進むとようやくライズを発見。何を食っているのか、ライズの対象が何なのか、じっくり観察しても全くわからない。とりあえず#20のユスリカパターンをキャストするが、全く反応なし。何度かキャストしているうちにライズは消滅…。
その先しばらく進んだ先のプールでは流れ込み近くに定位するヤマメを発見。真横までゆっくり近づいてキャストすると、スーッと浮いてきたヤマメが鼻先1〜2センチまでフライに近づいてUターン…。惜しかった…。

ここでいったん脱渓して、もう少し下流部に入ってみることにした。ここに来るまでの間、川辺に駐まった釣り人のものらしいクルマや、ロッドを携えて歩く釣り人の姿を何度も見かけたので、きっとこの辺りは今日も誰かしらが叩いているだろう。とりあえず1尾、ヤマメの姿を見ることができたし、とりあえずポイント観察のつもりで…と軽い気持ちで再入渓した。
画像

と、入っていきなりのプールで、連続するライズを発見。ここもじっくりと観察するが、やはりライズの対象がわからない。#20のグリズリーパラシュートを結んでライズを狙ってみることに。1投、2投とキャストを繰り返すがフライにはバイトなし。しかしライズはワリに頻繁で、継続している。7〜8投しただろうか、ちょっと狙いから外れた筋に落ちたフライにようやくという感じでヤマメがヒットした。
画像

よく太って丸々とした感じのヤマメ。その魚体もあってか、引きも良くてロッドを気持ちよく絞り込んでくれた。フライがすっぽりと吸い込まれている。とりあえずホッとしたところで、普段はあまりやらないのだが、ストマックポンプで何を食べているのかを見てみることにした。
画像

大きなシャックが目立つけれど、恐らくライズの捕食対象は左側のガガンボ。食われたばかりで、まだ脚をもぞもぞと動かしていた。恐らく水面に張り付くように流れていて、人の目では見えない感じで流れているのだろう。「そうだった」のかと感心しつつ、ライズの謎解きでは完全に負け。ラッキーで釣れてくれたというところ。

そのヤマメをリリースして振り返ると、何と同じポイントで再びライズ。今度はフライボックスから#18のガガンボパターンをチョイス。ガガンボパターンといってもコカゲロウのパターンにCDCのファイバーをつけて脚を模してみただけなのだけれど。これをキャストするといきなりバイト。惜しくもフッキングせず。再びキャストすると、次はしっかりとフライを咥えてくれた。
画像

チビだけれど、きれいなヤマメ。ライズの対象を把握して、フライパターンを読んで釣った1尾。とてもうれしい釣果だ。

その後、2尾ほどのヤマメを釣って、計5尾の釣果。どれもサイズは大したことはなかったけれど、シーズン最初のヤマメ釣行としては大満足の結果。15時で脱渓して帰宅の途についた。まだまだ緑も少なく、春らしくもない渓の姿だけれど、確実に季節が進んでいることを感じられた、この日の釣行。次回が今から楽しみ。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
遅ればせながら、解禁おめでとうございます。
午後から行ってサクッと釣っちゃうところがいかにもカチーフさんらしい。
私はすでに数はこなしてますが、まともなライズにはお目にかかれていません。来週後半には東京でも桜の開花、渓もこれからですね。
windknot
2017/03/18 21:11
windknotさん、こんばんは。 1尾目はともかく、2尾目以降はサクッとは行かなかったですが、それでも良い感じの解禁釣行になりました。 山里で好釣できるのは4月になってからでしょうかね。今から楽しみです。
カチーフ
2017/03/19 10:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
午後からヤマメ Easy does it!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる