Easy does it!

アクセスカウンタ

zoom RSS 水面の落ち葉に翻弄されて…柳瀬川

<<   作成日時 : 2017/12/02 10:26   >>

トラックバック 0 / コメント 2

11月26日の釣行記。10月以降、毎週末が野暮用の繰り返し。天気もイマイチの日が多かったこともあり、
なかなか釣行時間が作れないまま。11月26日の日曜日、1時間半程度の空きが出来たので「このチャンス逃してなるものか!」と柳瀬川にかっ飛んで行ってきました。
結果は…大変苦労しましたが、ようやく良型に出会うことが出来ました。
画像


窓の外は快晴。風も弱く、釣行に良い日柄。午前中からウズウズしていたけれど、午後1時過ぎに思い切って出発。持参したロッドはBlueheron Superfine #2。水辺に立つと、予想以上の暖かさ。ちょっとジャケット選択を誤ったか…と思うほど。
ロッドを継いでラインを通し、ティペットにフライを結んで…と支度をしているうちに何だか風が強くなってきた。
「あれぇ、風弱いと思ってたのに…」その後も徐々に強くなってくる。とともに川辺の木々を赤く染めた葉が一斉に水辺に降ってくる。するとやがて川面は一面の落ち葉だらけ…(泣)。

良いポイントと思って立った川辺からは川幅いっぱいに流れ落ちる落ち葉。キャストしてうまく落ち葉の間にフライが落ちても、魚の反応がないばかりか、ピックアップではその落ち葉がことごとくフライに絡みついてくる。
次のキャストを急ごうとしてフライを手早く回収しようとすると、フライフックに刺さった落ち葉が空中でクルクルと回転して、最悪なことにティペットがヨレてしまう(泣)。そのため落ち葉が水面から離れないよう、引きずるようにピックアップするために、じれったいくらいに時間が掛かる。

30〜40分くらい経った頃、気持ちが切れた…。「今日はダメ。釣りにならないや…。」フライを回収してガイドに引っ掛けてラインを巻き取り、クルマに向かって歩く。
相変わらず風は強めで、川面は落ち葉がいっぱい。赤や黄色の葉っぱが流れる様子を横目で見ながら、足取り重く帰路につく。


クルマにたどり着く寸前、橋の上から水面を見下ろした。ここは流れが対岸寄りに偏っているためか、落ち葉は片側の岸だけに集まっていて、手前の岸際にはあまり落ち葉はない。
ただし、このポイント、以前は何度となく良い釣りをしたポイントなのだけれど、昨年の台風による大増水で水底が完全に埋まってしまってフラットに。そのため流れの変化もなくなり、魚の付き場がなくなってしまったためか、その後はイマイチなポイントになってしまっていた。それでも「こんな時だし…」と念のためフライを流してみることに…。

風が強く上流側に向かってキャストが出来ないので、逆サイドのキャストから川幅の中央付近にフライを流す。すると何と1投目から反応が…。数投したとき、フライがスッと水面下に沈むようなバイトに反射的にロッドを立てると、これがなかなかの引きを見せる。
画像

今日はダメかと思っていたところに現れてくれた美形。Blueheron Superfineを小気味よく曲げてくれた。

その後も同様のキャストにヒットが連続。
画像

気が付けば6尾目のヒット(笑)。

結局ラストの30分で計8尾の美形に出会うことができた。最後は引き上げるのが惜しいくらいに良い反応が続いた。まだまだやれば釣れそうな気配ムンムンだったけれど時間もないし、とりあえず久々の柳瀬川で美形に出会えて納得の釣行ということで…。
ほんの30分ほど前に、落ち葉に翻弄されて気持ちが切れたことなどすっかり忘れて、ワリと気持ちよく帰路についたけれど、釣り人の気持ちなんて最後は釣果次第。結局単純なんだな…(笑)。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
最後は手堅くまとめるあたり、流石です(笑)。

今日、平林寺まで自転車で行って来ました。
紅葉は丁度盛りから終盤に向かう感じでしたね。
葉っぱが地面に、池の水面に、どっさりと積もっていました。

釣りしててアレが流れて来たのかと思うと、察して余りあります(笑)。
かっしー
2017/12/02 22:39
かっしーさん、こんにちは。
予告通りの平林寺ですね。さすがです。紅葉も終盤。今季は(近所なのに)とうとう行きそびれました(泣)。
そうなんです、あの落ち葉です。参りました。完全に諦めモードでしたが、ラストは運で釣った感じです(笑)。
かチーフ
2017/12/03 09:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
水面の落ち葉に翻弄されて…柳瀬川 Easy does it!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる