Easy does it!

アクセスカウンタ

zoom RSS 2日連続…

<<   作成日時 : 2011/07/03 17:52   >>

トラックバック 0 / コメント 2

何となく早起きしたので、今朝は自転車で出掛けてみた。今回はFDBではなく、ママチャリでGO。前カゴに折り畳み長靴とパックロッドを入れ、タックルバッグは肩掛けで…。
昨日は駐車場も混んでたし、やはり気楽な釣りには自転車がお似合い。

昨日退渓したポイントからやろうと考えたが、到着してみると昨日とは大違いの餌釣り師の多さ。そこにもしっかり釣り人がいたので、さらに100mほど上流の浅瀬から釣ることにした。餌釣りでは恐らく手出ししないであろう浅くて小さなポイント。しかし岩の間から流れ出た瀬が、さらに奥の瀬と合流して魅力的なポイントを形成している。こういうポイントは自分の立ち位置が大事。ひとしきり考えて、下流側から回り込んで、ポイントの真横に立てるポジションを取る。1投目のキャストに反応したがフッキングには至らない。反応するがフッキングしないというパターンを数回繰り返す。フライへのアタックの様子を見ているとそこそこのサイズのように見えるのだが…。
そこでティペットをいつもより細く(0.3→0.2)にして、長さもさらに50センチほど長くしてみた。慎重にキャストしたつもりがやや奥の流れにフライが乗ってしまう。しかしそれに1尾目のメスがヒット。
画像


フライを乾かして今度は慎重に流れの芯を狙う。1mほど流れたところで水面が炸裂。反射的に合わせたロッドが大きく曲がり、現れたのは体色鮮やかなオス。
画像


まだ反応がありそうなので、続けてキャストする。数投すると今度はフッとフライが消えた。ロッドを立てるとズシッという重さでロッドが引き戻されるような感じがあり、一瞬根掛かりかと思ったら、直後にブルブルと頭を振るような動き。続いて流れに乗って下流へグイグイと格別の引き。やがて現れた、またしてもオス。
画像


瀬の流芯から続けてオスがヒットしたことで、その後は瀬ばかりを選んで探ってみることにした。続けて探ったのは小さな落ち込みに続く瀬。さすがにちょっと流れが速すぎかと思ったが、それでも活性の高いヤツがしっかり居着いていて、最初にレギュラーサイズのメスがヒットしたのに続けて、その直後にまたしてもオス。
画像


こんな調子で実釣開始から2時間あまりの間に16尾ヒットして、うちオスが8尾。普段なかなか釣れないオスが、今日はかなりの確率でヒットする。

最後に下流部に移動し、川幅全体が瀬となっているポイントをドライでチェック。あちこちから反応があり、メスが立て続けに3尾ヒット。
最後に2mほど立ち込んで対岸近くの速い瀬にフライをキャスト。2〜3mほどドラッグフリーで流れたフライに真正面から食らいついたのは、またしてもオス。
画像


広い瀬を乱暴に走り回って、ちょっと0.2号のティペットでは冷や汗かくほどの引きを味わって今日の釣りを終えた。
実釣3時間でちょうど20尾ヒット、うちオスが9尾。瀬をメインに釣った効果が現れたと思う。

それにしてもつい1ヵ月ほど前までの不調が嘘のような、ここ最近の釣果。いつものフィールドがようやくその魅力を発揮し出したようだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
やっぱりオスは貫禄ありますねぇ。
あの、トトトッ…という引きが恋しいです。。。
かっしー
2011/07/09 09:30
かっしーさん→いよいよ梅雨も明け、これからがベストシーズンです。良型のオスはトトトどころか、意外なほどパワフルな引きを見せてくれます。お時間作ってぜひいらして下さい。
カチーフ
2011/07/09 22:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
2日連続… Easy does it!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる