Easy does it!

アクセスカウンタ

zoom RSS ドライに反応悪かった…(K2川)

<<   作成日時 : 2011/10/02 09:35   >>

トラックバック 0 / コメント 0

昨日の午後、FDBでK2川へ釣行。
台風15号通過後初釣行だ。もうその爪痕も消え去っただろうと思っていたが、土手上の小道をFDBで流しながら見て行くと、まだまだ痕跡多数。ところどころで幹の直径が30センチくらいありそうな木までが根こそぎ倒れていたのには驚いた。

その台風の前か後かわからないが、両岸に背丈高く生い茂っていた雑草がきれいに刈られていた。おかげで川へのアプローチは容易だが、前回までの釣行で良い狙い目になっていた「対岸の際」の隠れ家が消滅しているのが気になった。
画像


「この辺りで…」と狙いを定めた緩い瀬から釣り開始。水温は20.6度。アダムス・パラシュート(#20)。
流れの中央から徐々に対岸側へフライの落とし場所を変えて流す。何度か小型がフライを突つくがフライは浮かんだまま。
立ち位置からやや下流側にキャストしたフライにようやくヒット。なかなかの良型。スローなロッドを大きく曲げて楽しませてくれた。
画像


その後、ドライで数尾キャッチするが、何とも反応が悪い。水温はそれほど低くはないが、ハッチがない。ライズもない。恐らく台風と草刈りの両方の影響がまだ残っているのでは?

その後ポイント移動してみたが、どのポイントもあまり芳しくないので、やむなく普段はやらないウェットフライを結んでみた。
そうするとこれが大当たり。キャストごとに当たりが来る。ロッドがスローなことも手伝って、当たりと同時にロッドティップが下流に引きずり込まれるようにヒットする。完全向こうアワセなので、楽な釣りだが面白味としては「?」。(→これが普段ウェットフライを使わない理由…)手っ取り早い釣り方で1時間ちょっとの間に30尾近くをキャッチ。
画像

画像


引きは楽しめたが、釣趣としてはイマイチな感じで、何となく不完全燃焼の形でこの日の釣りを終了した。

魚は数を減らした様子ではないので、もう少し経って落ち着けばまた反応も戻ってくると思う。
朝方は多少冷え込みを感じるようになったここ数日だが、昨日は明らかに釣り人の姿が少なかった。その点でも落ち着いたところで改めてじっくり釣行したいと思う。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ドライに反応悪かった…(K2川) Easy does it!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる