Easy does it!

アクセスカウンタ

zoom RSS 風に悩まされながら・・・

<<   作成日時 : 2011/12/17 23:43   >>

トラックバック 0 / コメント 2

午前中、所用により外出していたが、10時頃から徐々に風が強くなってきた。とても冷たく乾燥した風で、唇はカサカサ、掌も冷え切ってしまうほど。 低気温に強風、もしかすると濁りの可能性があることを思うと、今日は釣りに行くべきか・・・。しかも今日は夕方からまた別のヤボ用があるので3時半には帰宅しなければ・・・。昼食を取りながら考えたが「状況見てダメならすぐに帰ってこよう」と決めて、K1川に向かった。

釣り場到着は午後1時過ぎ。K1川を渡る橋に差し掛かると、いつも土手に数台駐まっているクルマの姿が今日はない。そのまま土手にクルマを乗り入れて川を見下ろすと、若干濁りはあるが、釣りにならないほどの濁りではない。むしろ風の強さと冷たさが厳しく、時折水面が波立つような様子も見られる。とりあえず水辺に立ってみなければ正確な判断もできないので、タックルをセットして川に下りてみた。

強風・・・。吹いたり止まったりという感じだが、強く吹いているときは水面にさざ波が立つ。ライズは見られない。水面には枯葉や細かな塵が浮かんで流れていて、ドライフライを見失いそう。唯一の救いはわずかにハッチがあるようで、時折コカゲロウが飛んでいるのが目につくところだ。水温は14.0度。意外にそれほど低くはない。
ところが今日は全く釣り人の姿がない。(その時点で状況が悪いことは明らかに思えた・・・。)

バンブーカラーの7.6ftにDT-2Fを通す。7X・12ftのテーパーリーダーに1m程度のティペットはいつもの通り。まずは#20のユスリカ・ドライを結んだ。早瀬は無理だとは思うものの、それも含めて様々な流れを一通りすべて流してチェックしていく。風の影響をわずかでも少なくするために、ロッドをやや倒してスリークォーター気味にキャストする。できるだけ水面ギリギリにラインを伸ばすようにしてポイントを狙っていく。まともに風下に向かってキャストすると風に乗ってラインはラクに伸びるのだが、そうするとリーダー・ティペットに弛みが出来なくなってフライにドラッグがすぐに掛かってしまう。そのため狙うポイントを真横に取るようにポジションを取るようにする。

ところがなかなかフライに反応がない。突きに出てくる小型も現れない。徐々に上流へ移動しながらポイントを狙っていくが反応が皆無・・・既に時刻は2時近く。実釣時間はあと1時間程度しかない・・・ピンチだ・・・。
やがて差し掛かった日陰のポイント。日差しが遮られると風の冷たさがより厳しさを増す。以前、このポイントで釣ったときは、良さ気に見える中央の流れではなく、その向こうの対岸寄りの流れの筋で釣れたことをふと思い出した。そのとき目前を白っぽいコカゲロウが横切った。
フライを変えた。#22のクリーム色のミッジ・アダルト・パターン。スリークォーター気味にキャストしてフライを対岸寄りの流れの筋に乗せた。1mほど流下したところでパシャっと小さな飛まつが上がった。ロッドを立てると飛まつの様子とは違い、グッと良い重さが伝わってきた。
画像


フライを変えたとたんの良型。時間も限られた釣行なので貴重な1尾。
その後、その周囲の筋を流すと数尾をキャッチ。引きはなかなか力強く、ロッドを曲げてくれる。

画像
画像


さらに上流側のポイントを狙いたいと思ったが、これ以上先に進むと3時半の帰宅が難しくなりそう。やむなく今日はここまでとし、下流へ戻ることにした。しかし先ほどフライを変えてから明らかに反応が違った様子があったので、最初に入ったポイントを最後にもう一度釣ってみることにした。

長い瀬を#22のクリーム色のミッジでトレースしながら、ここは下流側に移動していく。と、あるポイントに差し掛かったときに一瞬、フライの直下で反転するオイカワの魚影が見えた。再度、同じレーンを流すが、残念ながらフライには出てこなかった。
今日はここが最後と決めたポイントは、今日の感じからして少し流れが速いように感じられた。しかも逆風になるので狙うポイントを真横に取って、さらにラインにスラックを与えてキャストして、フライを出来るだけゆっくりと流していく。と、派手なスプラッシュとともにヒット。下流に向けてのキャストだったためにヒットと同時に流れの重さも加わって、ロッドが大きく曲がる。
画像

同じポイントでさらにヒット。
画像


もう時刻は3時を過ぎている。時間的にギリギリなので、これで納竿。終えてみると釣果は9尾。残念ながら二桁には達しなかったが、今日の状況ならば納得の釣果。風の影響を出来るだけ受けないように工夫した成果が出たように思う。その後、慌てず急がず安全運転で、計画通りに3時半に帰宅。今日の釣りを終えた。
次はもうちょっと条件の良いときに釣りたいものだが、年内にあと何回来れるかな・・・。











テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは^^。
あの風の強い中、かつ時間制約のある中でこれだけ良型のオイカワを何匹もキャッチされているとは流石ですね^^。
カチーフさんの文章、いかにもフライマンぽくて、かっこいい文章なので、大好きです。見習いたいな〜・・・。
farater
2011/12/18 17:02
faraterさん、こんばんは。 2時間しかなかったのに、そのうち最初の1時間がまるでダメで、今日は「ボ」かなと諦めかけたときのヒットだったので、うれしい釣果でした。今日のほうが条件良さそうでしたね・・・。 文章は・・・書くのが苦手なもので・・・お恥ずかしい限りです・・。
カチーフ
2011/12/18 23:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
風に悩まされながら・・・ Easy does it!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる