Easy does it!

アクセスカウンタ

zoom RSS 渓流釣行

<<   作成日時 : 2012/04/21 22:36   >>

トラックバック 0 / コメント 4

ヤマメに逢いたくて渓を目指すことにした。朝5時半に自宅を出発。愛車のワゴンRをのんびりと走らせても1時間半まで掛からない、ワリにアクセスの良い里川をチョイスした。途中、高速のパーキングで朝食を買い込んだり、コンビニに寄ったりしても7時過ぎには目的の渓に付くことが出来た。まだまだ桜が見頃。やはり山里の春は遅いようだ。

早朝から空いていた入漁券販売所を見つけてクルマから降りるとかなり寒い。券を購入して再びクルマに戻って、気がついたように改めて外気温計のボタンを押すと「10℃」の表示。少し上流へ移動して入渓場所を決める。
画像

開けた里川。民家や畑の近くを流れる小さな川。こんな川での釣りが好きだ。

クルマを降りてまずは身支度。ウェーダーを履いてベストを着るが、風はないものの、何とも底冷え感が厳しいので、雨合羽の上着を防寒着代わりに着込む。ロッドは工房渡辺のバンブー。川を見たところ、ハッチやライズは見当たらないが、まずは様子見で#15のパラシュートパターンを結んで渓に降りる。

水温を測ると9.6℃。ライズがないのでそれらしい流れの筋を順番にトレースしながら、徐々に上流へ向かう。と、小さな堰堤下で小さなライズを発見。「ハヤかな・・・?」と疑いつつ、しばらく何を捕食しているか観察。ライズの対象は判らなかったが、目前を小さなカゲロウが横切ったので、フライを#17にサイズダウンする。流れの筋を慎重に読んでフライを落とす。と、小さく飛まつが上がる。
画像

画像

小さいが今年の初モノ。約12cm。サイズは別としてうれしい1尾。
その後、同じ場所、さらにはその周辺のポイントで10cm前後のヤマメが8尾ヒット。いつものオイカワと似たようなサイズ。今日はそれでもヤマメに逢えただけで満足という感じだったので、特にサイズは気にしない。「同じようなサイズでも、やはりオイカワよりヤマメのほうがよく引くなぁ・・・」となどと、何とも緊張感のない暢気な釣りだ。

さらに上流を目指す。ライズは見当たらないのでフライを#17のまま、流れを探っていく。と、壁際で良型がフライにアタック。残念ながらフッキングしなかったが、改めてフライにフロータントを施して同じく壁際を流す。
画像

すると派手なスプラッシュとともに、反射的にアワセたロッドになかなかの引き。
画像

約20cmのヤマメ。これだけきれいな姿にお目にかかるのは実に久し振り。やはりヤマメの引きは良いものと、ひとりでほくそ笑む。

そしてさらに先へ進む。やはり壁際に良い感じの流れを見つける。
画像

今度はキャストの前にしっかりフライにフロータントを施す。斜め下流からアップクロスにキャストすると、大きな影がスーッと浮上してスローモーションのようにフライを咥えた。それをしっかりと確認してからロッドを立てるとグイグイと暴力的とも思えるような強力な引き。
画像

画像

ネットに収まったのは27cmのヤマメ。バンブーロッドをバットから曲げて下流の瀬に走ったときにはティペットがどこかの岩にでもスレないかとちょっとヒヤヒヤしたが、無事にランディング。さっきの20cmで十分に満足したつもりだったが、この1尾はここ数年、お目に掛かっていない良型だったので満足感とともに、何となく達成感のようなものも感じた1尾だった。(まだシーズン初めなのに・・・。)

その後、そのすぐ上流の瀬で1尾を追加。20cmをやや下回るサイズだったがとてもきれいな1尾だった。
画像


そのポイントのすぐ脇に退渓しやすい場所があったので、そこで釣りを終えることにした。時計を見ると12時半。まだやれば釣れるような気がしたが、今期最初の渓流釣りということで、今日はここまでとした。往路と同じルートで渋滞にも遭わずに無事帰宅すると午後2時。ワリに気軽な距離で、これだけ遊べれば十二分。また機会を作って釣行するつもり。

ROD:工房渡辺 DualFlex Flat Hexagonal Bamboo FlyRod (PROTO)
REEL:Shakespeare #2807
LINE:DT-3F
LEADER:6X 12ft
TIPET:7X 4〜5ft







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは、お久しぶりです^^。
よい釣りをされましたね〜^^。チビばかりの私の釣りとはレベルが違いますね^^;。
farwater
2012/04/21 23:09
farwaterさん、お久しぶりです。farwaterさんのブログ見てたら、私も行きたくなって出掛けました。

良さ気なポイントには点々と釣り人のものと思われるクルマが止まっていて、既に入渓されている様子でしたが、私が入った区間はたまたま先行者がいなかったようです。ラッキーでした。
カチーフ
2012/04/22 08:01
こんにちは
こんな民家が近い里川でも渓魚は
いるのですね!見落としがちな風景です。
じぶんなら間違いなくスルーしそうです。
はやさん
2012/04/23 09:13
はやさん、こんにちは。
私はこうした里の川での釣りが、ヤマメの釣りには似合っているような気がするんです。あまりガツガツせずにゆったりとロッドを振って、ヤマメに遊んでもらえれば大満足です。むしろこういうところのほうが魚自体は多いかも知れません。釣り人も多いですけどね…。
カチーフ
2012/04/23 11:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
渓流釣行 Easy does it!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる