Easy does it!

アクセスカウンタ

zoom RSS 旧知の釣友とヤマメ釣り

<<   作成日時 : 2018/04/26 20:41   >>

トラックバック 0 / コメント 2

前回釣行から中一日、自宅近所にある釣具屋さん「上州屋新座店」のスタッフT氏と渓流釣行してきました。T氏と知り合ったのはもう20数年前。その頃、さいたま市(当時は浦和市)の店舗でよく私のタックル選びの相談に乗ってもらったり、アドバイスをしてもらったりしていたのですが、T氏が他店に異動されたり私が転居するなどしてしばらく疎遠になっていました。
その彼が私の自宅至近の店舗に異動しており、そうとは知らずにたまたまその店舗を訪れた際にレジで偶然の再開。昨年、柳瀬川に一緒にオイカワFFに行ったのですが、その後ようやくスケジュールが合い、今回は彼のリクエストもあり渓流釣行となりました。
画像


早朝5時半に最寄駅で待ち合わせ。前日までは異常と思えるような高気温だったのが、この日はいきなり平年以下。曇天で日差しもなくちょっと寒いくらいの天候の下、目的地を目指していざ出発。車中で行先候補を2ヶ所伝えると、彼が選んだのは私のホームグラウンドの渓。勝手知ったるルート。車中では昔話を含めて様々な話題で盛り上がる中、渋滞もなくあっという間の現地到着。
画像

先行者の気配もなく、のんびりとタックルを準備し、いざ入渓。ちょっと寒いのでウインドブレーカーを着込んでの釣り。互いにポイントを譲り合いながら進むとやがて大岩が流芯に鎮座するポイント。T氏がアップクロスでフライをキャストするが反応なし。彼が数投した後、自分が真横の立ち位置からフライをキャストすると、ヘッド&テイルでヤマメが飛び出す。惜しくもフッキングしなかったが、これでこの日のヤマメがドライフライに反応することが確認できた。

その後もT氏が果敢に渓を攻め上がるもヒットなし。その先のポイントは上から邪魔くさく枝が垂れ下がるポイント。その枝をかわすのにちょっと難儀なキャストが必要。ポイントをダメにしてしまいそうとのことで譲られた私にファーストヒットのヤマメ。水面のフライを素直に咥えてくれた。ストマックを見てみるが、意外にも何も出てこない。最初の1尾で何かヒントが掴めれば良かったのだが…。
画像


その後はT氏も私も苦戦。飛び交うメイフライやストーンフライは数多いのだけれど、これらは全く食われていない様子。いつもライズが多くみられるポイントもこの日は沈黙。やっと出たと思うとこれが不思議とフッキングしない…(泣)。その後、またしてもヘッド&テイルで飛び出す良型ヤマメ。「なんでフッキングしないの〜!」とガッカリするも、それでも何となく「小さ目サイズのメイフライパターン」がキモであることがわかってきた。

ちょうど正午頃に差し掛かったポイント。ようやくここで盛んなライズを発見。ここではミッジを食っている様子…。ライズのタイミングを測りながらキャストを繰り返すも、ここでも残念ながら二人ともノーフィッシュ。諦め半分で次にその上流の瀬にフライをキャストする。と、いきなりヤマメが飛び出して反転。惜しくもヒットしなかったが、フックには触れていなかったので、再度狙いを定めてキャストすると再びフライに飛び出すヤマメ。今度はがっちりとフッキング。
画像


ストマックを見てみようとポンプで吸い出すが、またしても何も出てこない。飛び交う羽虫は多いけれど、目立つ羽虫は食っていない様子。ここまで様々なフライで試してみたけれど、反応するのは#18のクイルボディパラシュートのみ。


T氏はその上の瀬にフライを投じる。数投目にヤマメがフライに出るも、惜しくもフッキングせず…。ここで昼食休憩としたが、このポイントのヤマメの反応が良かったので、午後もここから再入渓することにした。と、午後最後に自分がヒットした瀬で、再び私のフライをヤマメが咥えてくれた。以前釣ったような朱色がきれいなヤマメだ。
画像


これを見てT氏は再びキャストに熱が入る。が、小型がフライを突くもののノーヒット。この後は私はもうキャストは控えてT氏を見守ることに。しかし久々の渓流釣行だというT氏。頭上の枝にフライを取られたり、足元の葦に垂らしたラインが絡んだり、ピックアップしたフライが岸辺の草に取られたりと大苦戦。その度ティペットを結び替えたり、フライを交換したりといったタイミングで自分が先行するが、そんなときに小型がヒット。
画像


結局、果敢に攻めたT氏にはフライにバイトはあったものの、念願のヤマメがヒットせず。次回のリベンジを固く誓って帰路についたのでした。帰路の車中も他店に異動した知り合いのスタッフの話や、フライとは異なる釣種の話題など。さすがに最新のタックルや釣り情報に常に接しているだけあって話題に事欠かない。
今回、渓での釣果に恵まれなかったT氏は「柳瀬川で修行ですね」と苦笑い。また次の釣行を約束しつつ、この日の釣行を無事終了したのでした。

Tさん、当日はありがとうございました。また一緒に釣行、よろしくお願いします。
画像





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。どのヤマメもめちゃくちゃきれいですね。Tさんは残念でしたけどそれでもフライはいいですよね。
windknot
2018/04/29 21:40
windknotさん、こんばんは。
数、サイズはいつもながらイマイチでしたが、釣れたヤマメはどれも美形でした。さらにはドライフライへの出方も良かったです。
最近はルアーでの釣りがメインとなっているTさんでしたが、今回の釣行で勘を取り戻したと思いますので、次回に期待です。
カチーフ
2018/04/29 22:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
旧知の釣友とヤマメ釣り Easy does it!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる