Easy does it!

アクセスカウンタ

zoom RSS 強風下の朝練…柳瀬川

<<   作成日時 : 2018/07/04 14:37   >>

トラックバック 0 / コメント 2

7月を迎える前に何と梅雨明け。とたんに襲ってきた猛暑には閉口。これでは炎天下の釣りなど無理。それならばとこの日、早朝一番の涼しいうちに朝練するつもりで柳瀬川に行ってきました。風が強くてラインコントロールが大変だったけれど、きれいな韋駄天が姿を見せてくれました。
画像


今日は暑くなるまでの短時間の釣り。前回の釣行時は釣れたオイカワの約半数が韋駄天(=オスヤマベ)という、大満足の釣りだった。今日は時間も限られているので、前回良く釣れた「韋駄天」を狙って釣ってみることにした。これまで何度となくここ柳瀬川で韋駄天には出会っているが、メスのツキ場とは少し違って早い瀬や少し強い流れの中から現れるのがオスのパターン。前回もはやり少し早い流れのポイントから韋駄天が現れている。今日はそういったポイントだけを狙ってみることにした。

目星をつけた流れにフライをキャストする。ここ数日と同様、この日もやや風が強くなると見越して、ロッドは久々にバンブーカラーの7.6ft。本来#2ロッドなのだが、もともとスローなロッドなので敢えてDT-1Fを通してみた。
3投目で早くもヒット。意外に良い引きをする。寄せてくる途中、あのエメラルドグリーンが見えた。
画像

狙った通りの韋駄天。やはりやや早い流れに付いていた。狙い目は当たっているよう。

画像

同じパターンでやはりオスヤマベ。これはヒットと同時に下流の早瀬に飛び込んだ。ロッドが満月に曲がる。やっぱり韋駄天の引きは格別。体長以上に良いパワーで楽しませてくれる。

そして現れたのがコイツ…
画像

フッと静かにフライが消え、そっと立てたロッドがグイグイと引き込まれる。一瞬、水面がグリーンに光ったので「オスだ!」と確信したけれど、引きがやたらと重く、これまでのオス以上に引きがいい。途中「スレたかな?」と思うほどの重量感。寄せてくるとしっかりと上顎の先端をフライが捉えていた。丸々とした体形のよい韋駄天。

画像

これくらいオスが釣れると、狙い処は間違いない。もうオスのツキ場はココ!と確信をもって狙うことが出来ている。この1尾も先ほどの重量感ある引きのオスに負けないくらいパワフルな引きを味合わせてくれた。

画像

まさに宝石。息をのむ美しさ。そして引きの良さ。ロッドを存分に絞ってくれたことに感謝。

こんな調子であっという間に2時間。結果はオス8尾、メス4尾と狙いが当たって韋駄天のほうが多い釣果。夏の暑い時期、ちょっと早朝出掛けて2時間ほどのリフレッシュ。ちょっと風が強くて大変だったけど大満足の朝練。
画像








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
すばらしいの一言につきます。さすがですねぇ。
AMIYA
2018/07/04 15:52
AMIYAさん、こんにちは。
すっかり梅雨明けして猛暑続きですが、柳瀬川は今のところ平水位を保っていて、オイカワもアユも絶好調といった感じです。オスを狙うコツみたいなものが見えてきたこともあって、オス独特の強い引きを堪能できました。最高に楽しいです。
カチーフ
2018/07/04 16:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
強風下の朝練…柳瀬川 Easy does it!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる